東京五輪
Photo: Kisa Toyoshima

東京五輪、海外からの観客受け入れ断念を決定

海外ボランティアも見送り、チケットは払い戻しの見込み

Lim Chee Wah
テキスト:
Lim Chee Wah
広告

東京2020オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、新型コロナウイルス感染症の影響で海外からの観客受け入れの断念を決定した。

これは、2021年3月20日の会議で決定。この会議には国際オリンピック委員会(IOC)会長のトーマス・バッハ、国際パラリンピック委員会(IPC)会長のアンドリュー・パーソンズ、東京2020オリンピック・パラリンピック大会組織委員会委員長の橋本聖子、東京都知事の小池百合子、五輪担当相の丸川珠代が参加した。

3月21日に緊急事態宣言は解除されたものの、日本ではこうした大規模なイベントを開催するには依然としてリスクがあるのも事実。2020年3月に始まった新型コロナウイルスの世界的流行によって東京五輪は開催延期となり、東京オリンピックが2021年7月23日(金・祝)〜8月8日(日・祝)に、東京2020パラリンピックが8月24日(火)〜9月5日(日)に開催される予定となっている。

ジャパンタイムズによれば、一部の例外を除いて海外からのボランティアも受け入れない方針だ。なお、すでに購入済みのチケットは払い戻しされるという。

原文はこちら

関連記事

ワクチンパスポートについて知るべき5のこと

EUがワクチンパスポートを導入

ついに自販機でPCR検査キットが買える時代に

日本政府がワクチン無料提供の改正予防接種法可決へ

新型コロナウイルスワクチンの無料提供を決定

最新ニュース

    広告