Taste dozens of hard seltzers at Seltzerland
Kathy tranTaste dozens of hard seltzers at Seltzerland

ブルックリンでハードセルツァーのフェスが開催

100種類以上のテイスティングが可能

テキスト:
Melissa Kravitz Hoeffner
広告

2021年8月にニューヨークのブルックリンで、ハードセルツァーをテーマにした『Seltzerland』というフェスティバルが開かれることになった。

同フェスティバルは元々2020年5月に開催予定だったが、パンデミックにより延期。この夏、「ポストワクチン時代」を迎えたブルックリンにようやく上陸を果たす。『Seltzerland』は、すでにシカゴ、オースティン、ミネアポリスなどアメリカ各地で開催。ニューヨークでも、これらの都市同様に注目を集めるのは間違いない。

『Seltzerland』では、White Claw、Mike's Hard Lemonade Seltzer、Vizzy、Playamar(Jose Cuervo Seltzer)、Basic、Coors Seltzerなど、代表的なナショナルブランドからローカルブランドまで、さまざまなハードセルツァーをテイスティングすることが可能。また、ホーメル社によるブランチや食事の提供、ハードセルツァー関連グッズがもらえるチャンスもあるという。

このフェスティバルを企画しているCannonball Productionsの創設者兼最高経営責任者(CEO)であるケイト・レーヴンティエンは、「私たちは、ハードセルツァーのファンが、新しいフレーバーと最も楽しく出合える機会を提供するために、『Seltzerland』を立ち上げました。ほかに類を見ないアクティビティ、新商品の種類、美しいゴルフコースなど、見逃せない体験が盛りだくさんです」と語っている。

ブルックリンでの『Seltzerland』は、混雑緩和のため人数を絞った3つのセッションに分けて開催となる。セッション時間は、入場料42ドル(約4,650円)の一般が2時間30分、62ドル(約6,850円)のVIPが3時間。各セッションでは、100種類以上のハードセルツァーがテイスティングできる。さらに、VIPセッションの入場者には、フルサイズのハードセルツァー1缶、特別なカクテル、つまみ1皿がプレゼントされる。

原文はこちら

関連記事

新型コロナとハードセルツァー流行の影響、アメリカでビール缶が不足

東京、モクテルを楽しめる店9選

マンゴー好き必見、日本茶モクテルと合わせるアフタヌーンティーが登場

ブルックリンに大規模なマラソン大会が誕生

ニューヨークのブルックリン公共図書館がリニューアル

最新ニュース

    広告