横浜みなとみらい
Photo: Time Out Tokyo Editor

オリンピック100日前を記念して横浜の名所が一斉ライトアップ

『100日前キャンペーンin横浜』の一環、ベイブリッジは大会終了まで演出継続

作成者: Genya Aoki
広告

2021年4月14日、東京2020オリンピック開会100日前を記念して横浜の街がカラフルに彩られた。

医療従事者など社会活動の維持に力を尽くしている人々への感謝の気持ちを伝えるとともに、スポーツを通じて平和について考えるきっかけとなるよう横浜市が、『東京2020オリンピックまであと100日!100日前キャンペーン in 横浜』の一環として実施したもの。1日限定で⼤観覧⾞、コスモクロック21やマリンタワーが5色に点灯し、横浜ハンマーヘッドや横浜港大さん橋国際客船ターミナルは青色に輝いた。そのほか、横浜ベイブリッジといったランドマークとなる施設、オリンピックの競技会場となる横浜スタジアム、横浜国際総合競技場など全19カ所が特別ライトアップを実施

コスモクロック21
Time Out Tokyo Editor

同キャンペーンではオリンピック・パラリンピックをテーマに、国内外のアーティストが芸術作品として制作した東京2020公式アートポスター全20作品を中心とした展示を4月28日(日)まで横浜市で開催。また5月16日(日)まで、横浜に縁のある同アートポスター制作者5人(書家の⾦澤翔⼦、アーティストの鴻池朋⼦、グラフィックデザイナーの佐藤卓、美術家の野老朝雄、画家の山口晃)からのメッセージ動画を、横浜市東京2020関連情報公式YouTubeチャンネルで放映する。

特別ライトアップは東京2020パラリンピック100⽇前を記念して、5月16日に第2回を実施予定。横浜ベイブリッジは、大会終了まで青とピンクに演出を継続し、特別な期間をあざやかに彩る。

ベイブリッジのライトアップの時間

・4月14日〜7月22日(木・祝)は日没から24時までの毎20~30分、毎50分~正時の各10分間

7月23日(金・祝)~9月5日(日)の大会期間中は日没から24時まで連続でライトアップ

東京2020オリンピック競技大会は7月23日(金・祝)〜8月8日(日・祝)、東京2020パラリンピック競技大会は8月24日(火)~9月5日(日)に開催される。

『東京2020オリンピックまであと100日!100日前キャンペーン in 横浜』の詳細情報はこちら

関連記事

オリンピック・パラリンピックを機に見直されるPHRの可能性

ワクチンパスポートについて知るべき5のこと

15分で結果が判明、新型コロナPCR検査センターが羽田空港にオープン

ワクチン接種会場を検索、「新型コロナワクチンマップ」機能が提供開始

ANAがワクチン接種履歴などのデジタル証明書実験を実施

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告