注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間などが異なる場合もあるため、外出前に必ず確認してほしい。

Tokyo Insider #10 SHOKO

SHOKOが東京のカルチャースポットを案内

作成者: Mari Hiratsuka
Advertising

タイムアウト東京 > Tokyo Insider > Tokyo Insider #10 SHOKO

東京で活躍するクリエーターやアーティストの行きつけの店を紹介する『Tokyo Insider』。今回は、ノスタルジックかつ、サイケデリックなフォークミュージックを奏でる、シンガーソングライターのSHOKOが登場。

2020年からは拠点をイギリスに移すというSHOKOに、そばを食べながら麻雀ができるバーや時間感覚を失ってしまうディープスポット、スケーターが集うショップなど、今、東京のカルチャーを肌で感じられるおすすめの場所を聞いた

 

タイムマシンみたいなディープなバー

バー 渋谷

BAR LSD

「一言でいうと、コアな大人の遊び場。店内に入ると、黒光りしたタイルで全体が覆われていて、奥に行くとDJブースがあって、いつもレジェンド級のDJが気軽に回してたりします。ライブもできて、私は毎月第1土曜日にライブをさせていただいてます! 日本酒を中心に、お酒の種類も多くそろえていて、行くたびに違うお酒を試してます。お客さんもかなり濃くて飽きのこないバー。毎回、何時に行っても気がついたら朝になっているくらい、どこかタイムマシンのようなディープスポット」

ストリートカルチャーを肌で感じる

ショッピング 渋谷

バイミースタンド(Son of the Cheese)

「服屋であるとともに、1階にはバイミースタンドっていうグリルドチーズサンドの専門店があって、行列ができるほどの人気。私のお気に入りは、パンにカマンベールとミックスチーズ、豚肉が焼き上がった後にフレッシュなリンゴスライスを挟み入れた『アップルチークス』。無償に食べたくなる時がありますね

店で働いている人と常連のお客さんは皆アーティストやスケーターなので、カルチャーの発信地になってるのも特徴。私はサノバチーズの服を着ている人を見るとつい声をかけてしまうくらい、このブランドが好きです。サノバの靴下は、ツアーで重い機材を運んでも全然穴が空かないし、履き心地と締め付けがちょうど良くて、長持ちしてくれるから愛用してます。服の素材なども全て肌触りが良いです」

Advertising

麻雀ができるそば屋

レストラン 日本料理 渋谷

ソーバー

「新鮮な魚を使った料理や、生そば、オリジナルカクテルなど、おいしいメニューをそろえてます。23時以降になると本格的なバーになって、麻雀を楽しむお客さんも来ます。私のお気に入りメニューは、日本そばを使った『中華そば』。つゆには玉ねぎを使っていて、あっさりしていながらもコクがあり、自家製の鳥のチャーシューがアクセントになっています。今はまだあるか分からないけど、『春画』っていうキュウリとミントの自家製シロップのカクテルは、今でも忘れられないおいしさです

愛があふれる一軒

バー 目黒

TWDギャラリー

「このバーを知ったのは、ここでやってたジム・ジャームッシュの展示に行ったことがきっかけ終電をなくしてお腹が減った時には、まかないを出してくださったこともあります。それがものすごくおいしかったし、愛にあふれてた。店内はシックで、家具や扱っているお酒も凝っていて、食事もおいしく、落ち着く空間です。しばらくお邪魔してないから、またそろそろ行きたいな

関連記事はこちら……

インタビュー:SHOKO

音楽

どこかノスタルジックで、サイケデリックな匂い漂うフォークミュージックを奏でる、シンガーソングライターのSHOKO。 国内外で数々のライブを重ね、2018年からは「トライバル オリエンタルドリームサイケバンド」KUUNATICのメンバーとしても活躍中だ。 ギターだけでなくベースも弾きこなし、ドラマーでもあったという彼女は学生時代からガレージパンクやデュームロック、サイケデリックなどの音楽と携わりながら、その世界観をさまざまな手法で表現してきた。

おすすめ

    関連情報

      Advertising