東京、ジャズハウス10選

吉祥寺、高田馬場、江古田で本物のジャズに出合う

Sometime
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising
テキスト:James Catchpole and Time Out Tokyo Editors

数多くのジャズライブハウスが点在している東京。毎夜、都内で行われるジャズライブの数は50以上に上るとも言われている。それゆえ、初心者は店選びに迷い、敷居の高さに腰が引けてしまうことも多いだろう。以下に紹介するジャズハウスは、間違いなく訪れる価値のある10軒なので、ぜひ参考にしてほしい。

ライブハウス

ミュージアム

バー ソルトピーナッツ

icon-location-pin 江古田

最寄り駅が江古田と、都心からは少し離れているが、ジャズ好きは訪れる価値のある1軒。1981年にオープンし、当初は通常のバーとして営業していたが、客の好みもあり、次第にジャズライブが定着した。ジャズバーとしてはかなり広く、オーナーの中野が1人で運営していると聞くと驚くだろう。 中野自身、かなりのジャズ愛好家で、リーズナブルに質の良いジャズ演奏を楽しんでほしいと、音楽料金は、他店と比べても格安の1,500円に設定。500円のテーブル料金には、食べ放題のナッツとドライフルーツも含まれている。財布の中身を気にせず、酒につまみ、良質なジャズ演奏が楽しめるとあれば、常連客が多いのもうなずけるだろう。気軽にふらりと出掛けて、心地良いひとときを堪能したい。

音楽

サムタイム

icon-location-pin 吉祥寺

たくさんのジャズクラブでひしめく吉祥寺の中でも、穴場的存在のライブハウス。中央にステージがあるため、演奏を間近で楽しむことができる。座席のセクションによって高さが異なるのも珍しい設計だ。早めに入店し席を確保しておかないと、アーティストが見えにくい席になることもあるので、演奏時間よりも余裕を持って入店しておくのがおすすめ。店内はどちらかと言えば窮屈で、音響システムも決して良いとは言えないが、多くの一流のミュージシャンがこの店でライブを行っている。 ほとんどのショーは2000円前後と、昔から変わらず手頃価格なのもうれしいポイントだ。

Advertising
音楽

ホットハウス

icon-location-pin 高田馬場

アットホームな雰囲気が、なんとも居心地のいいジャズライブハウス。70歳を超えたオーナーが切り盛りしており、2019年4月にオープンから40周年を迎えた。

ライブ時には10人ほどしか収容できない店内が、客であふれかえる。ピアニストが目前で演奏し、自分もバンドの一員のような一体感を感じることができる。本店はミュージックチャージに食事代が含まれており、入店には事前の予約が必要だ。

Naru
Photo: jazzNARU/Twitter
音楽

ジャズハウス ナル

icon-location-pin 御茶ノ水

「ギター通り」としてもよく知られるお茶の水付近は、さまざまな音楽家が集まる場所だ。中古品から新品まで、あらゆる種類の音楽機器を販売するその通りのある店の地下に、ジャズハウス ナルはある。

オーナーはサックスプレイヤーとして活躍しており、音楽に対するこだわりも人一倍。ライブは実力派ミュージシャンだけでなく、若手とのコラボレーションや、一般も参加できるジャムセッションなど、意欲的にさまざまなスタイルのライブを開いている。

ステージが近いのもナルの特徴で、特にグランドピアノの前の席は、ミュージシャンの息遣いや目配せを間近で感じることができるだろう。 料理はイタリアンをベースにした創作料理。オリジナルカクテルと一緒に楽しみたい。音楽料金は、2,500円からと中程度。ほぼ毎晩、45分間のジャズ演奏を2、3度行っているので、気軽に足を運んでみよう。  

Advertising
音楽

新宿ピット・イン

icon-location-pin 新宿二丁目

東京のジャズマニアに半世紀以上愛されている新宿の名店。世界中から集う著名な演奏者や快適な座席、そしてその歴史など、この店にこには全てがそろっているといえる。 長く人気を誇る理由は、何よりも観客の音楽体験を深く考慮してきた姿勢だろう。地下に広がる大規模なスペースに並ぶバー席はすべてステージを向いており、音楽を堪能してもらうため、演奏中のサービスは最小限だ。ほとんどのイブニングショーの音楽料金は3,000〜4,000円と、リーズナブルなのも選ばれ続ける理由だろう。 

音楽

マンハッタン

icon-location-pin 阿佐ヶ谷

飾らない本物のジャズ・スポットとしては、これ以上のものはないかもしれない。阿佐ヶ谷で30年以上営業を続けるマンハッタンは、このエリアでも初期に現われたジャズバーの一つ。現在、数多くのジャズバーが立ち並び、大規模なジャズフェスティバルが催されるなど、東京の「ジャズの中心地」とも呼ばれる阿佐ヶ谷において、ジャズバーの先駆者的存在だ。 店を訪ねれば、その狭さに驚くかもしれない。スペースの都合上、ステージはドアの真ん前に設置されているため、ひとたび演奏が始まれば、パフォーマンスを中断することなくして中に入ることはできない。窮屈な空間に初めは戸惑うかもしれないが、心配は無用。オーナーのモチヅキの温かさと、素晴らしいミュージシャンたちの気さくな人柄に触れれば、すぐにくつろぐことができるだろう。バーの壁に貼ってある絵葉書や写真からは、東京のジャズの歴史を学ぶことができる。 演奏は通常1晩に2回行われ、ドアの外側の通知版でチェックできる。  

Advertising
音楽

イントロ

icon-location-pin 高田馬場

決して広いとは言えないこの地下空間では、週に3〜4回にわたってライブ演奏が行われている。ライブと言っても、かっちりとした演奏ではなく、もっとカジュアルな、ふらっと寄って演奏するような雰囲気。学生から有名なプロの演奏家までが毎夜ジャムセッションで演奏している。

音楽

ジェイジー ブラット

icon-location-pin 渋谷

セルリアンタワー東急ホテル内のしゃれたジャズクラブ。料金は高めだが、一度は訪れる価値のあるヴェニューだ。

スタイリッシュな内装もさることながら、出演アーティストは常に上質で、海外の著名ミュージシャンが出演することも多い。座席間のスペースが広く、演奏中も自由に動いたり、会話を楽しむことができるのもうれしいポイントだ。

Advertising
音楽

コットンクラブ

icon-location-pin 丸の内

トキアの2Fにあるエンターテイメント・クラブ。1920年代、ニューヨークのハーレムで最も華やかだった『COTTON CLUB』を再現しており、広々とした会場に輝くクリスタルのシャンデリアや、ダークウッドのインテリアが、大人のための優雅な空間を演出している。フルコースディナーや、ワインリストの質もそれに劣らず、非の打ちどころがないといって良いだろう。 ニューヨーク店は、デューク・エリントンやリナ・ホーンなど歴史に名を刻むビッグスターを誕生させた伝説のクラブとしても知られており、この店でパフォーマンスをするアーティストも、世界で活躍するビッグネームばかり。予約席は6,000〜9,000円ほどと決して日常的に通える場所ではないが、ご褒美として、素晴らしい音楽とディナーを堪能したい日には、最適の場所だ。

音楽

ブルーノート東京

icon-location-pin 青山

Blue Note系列の東京最大規模のジャズクラブ。

地元音楽業界からのサポートも大きく、ジャズはもちろん、ラテンやワールドミュージック、ソウルミュージックも楽しめる。演奏時間も決して長くはなく、相席もありうるが、名だたる海外ミュージシャンの来日リストを見れば、多くの人でにぎわう理由が分かる。

Advertising