0 Love It
保存する

東京、中央線沿線のラーメン店20選

新宿、中野、荻窪、吉祥寺、立川、東西ラーメン激戦区を巡る

タイムアウト東京のラーメン特集、今回は初の沿線ガイドとして中央線沿線を紹介する。東京駅から高尾までの東西を結ぶこの沿線には、ローカルの飲食店や古着屋、雑貨屋、書店、ライブハウスなどが特異な文化圏を形成していることでも知られているが、ラーメン好きにとっても、新宿、中野、高円寺、荻窪、吉祥寺など最重要スポットが並ぶ。今回はそのなかより、老舗から新店までの名店を20店厳選した。是非、中央線を利用の際は都心、郊外のラーメン店を訪れてほしい。

カラシビ味噌らー麺 鬼金棒

辛くて美味い、神田の人気店
真っ赤なスープと白味噌の風味が食欲をそそる『カラシビ味噌らー麺』(780円)が評判のラーメン店。動物系と魚介系をあわせたスープに4種類の唐辛子や花椒(ホアジャオ)を加えた辛くてしびれるラーメンを味わえる。辛さとシビレは5段階に調節でき好みの味を楽しめるのも魅力。『カラシビつけ麺』(850円)も人気。

詳細情報
神田

ラーメン 大至

御茶の水で「普通のラーメンの最高峰」に出会う
蔵前橋通り沿いにあるラーメン屋。赤い看板が目印だ。"普通のラーメンの最高峰"を目指したという『醤油ラーメン』(650円)が人気だ。材料の旨味を出す為に強火で白濁するまで一気に炊出し、鶏胸肉を使用して澄ましていくという中華の本格清湯の方法を応用してとったスープは至高の味わい。弱火で最初から濁らないようにひいたスープとは一線を画す味だ。

詳細情報
湯島

風雲児

鶏白湯と魚介のWスープで人気、新宿のつけ麺行列店
新宿の人気のつけ麺屋。鶏白湯と魚介のWスープはとろみがあり、コシのあるストレート麺と良く絡む。濃厚だが、もたれにくいので女性のファンも多い。昼夜問わず常に店の外まで行列しているので、覚悟して臨もう。

詳細情報
代々木
Advertising

麺屋 海神 新宿店

〆の雑炊も魅力、新宿東南口の塩ラーメン専門店
JR新宿駅東南口の階段を下った先、雑居ビルの2階にある塩ラーメン専門店。毎日日替わりで、5種類の魚のあらからとった出汁のスープが提供される。具はあっさりとしたスープにぴったりの鱈とエビのつみれと鶏つくね。薬味の白髪ネギ、みょうが、針しょうが、大葉、糸唐辛子もスープとよく合う。最後に焼きおにぎりを投入して、雑炊として楽しむのもおすすめ。

詳細情報
新宿

中華そば 青葉 中野本店

中華そばを贅沢に作り込んだ、中野の老舗
関東中心にチェーン展開をする中華そば店の本店。ベースのスープは、九州ラーメン特有の鶏ガラやトンコツから出たコクのあるスープに、東京ラーメン特有の魚介系和風だしをミックスしたもの。麺は中太のややストレート麺。メニューは中華そばや、つけ麺など4種類。一番ベーシックな『中華そば』は650円という良心的な値段。ラーメン激戦区の中野にありながらも、長きに渡り不動の人気を得ている理由は、重すぎず、軽すぎず、飽きのこない味だからだろう。

詳細情報
中野

さいころ

2階に製麺工場を構える、中野の注目店
JR中央線中野駅南口から徒歩5分。中野で人気を博していた『地雷源』が2011年にリニューアルし、2階店内を製麺所に変え、自家製麺の店舗となった。メインメニューは店名にもなっている『肉煮干し中華そば』(730円)。スープは、サバ節、ソウダ節、大量の煮干しの魚介系の出汁に、大量の豚骨を贅沢に使った、煮干に豚が合わさった旨味たっぷりの味わい。自家製麺の麺は国産小麦の中力粉を使ったつるつるでモチモチしたうどんのような食感が特徴的だ。そんなスープと麺の上に、大量のバラ肉チャーシューがのる。その他の具材も丁寧に作られた素材が揃う。毎月29日(ニクの日)には、『肉煮干し中華そば」を500円で提供するサービスあり。

詳細情報
中野
Advertising

麺屋はやしまる

高円寺でわんたんめんを楽しむなら
JR中央線高円寺駅から徒歩4分ほど。商店街を少し路地裏に入ったところにあるお店。国産小麦をつかった自家製麺の『つけめん』(750円〜)と自家製わんたんの『わんたんめん』(880円〜)がおすすめ。特徴的な自家製わんたんは肉汁たっぷりで、皮ももちもちの仕上がり。海老わんたんはプリプリで、こちらもおすすめ。スープは醤油、塩ともに、鶏と豚の動物系と野菜をじっくり煮込み、昆布と煮干しとかつお節の魚介系の出汁であわせた、旨味たっぷりのバランスがとれたスープに仕上がっている。国産小麦の自家製の中太麺もちょうどよい歯応え。全体的に丁寧な仕事が光る1杯。おすすめは肉と海老のわんたんが堪能できる『ミックスわんたんめん』(940円〜)。その他、限定メニューやサイドメニューも充実している。

詳細情報
高円寺

中華そば JAC

環七沿いで味わう徳島ラーメン
高円寺、環七沿いにある徳島ラーメンの店。L字型のカウンター席のみで、注文後早いタイイングで提供される。しょうゆの甘さが際立つスープに、具は豚バラスライス、メンマ、もやし、青ネギ。別皿で生卵、テーブルにはすだちや酢、ポットに入った割スープが用意されているので、少しずつ味を変化させながら楽しめる。

詳細情報
高円寺

ラーメン チキュウ

焼きトマト投入で倍美味しい、阿佐ヶ谷の清湯スープ
青梅街道沿いにあるラーメン店。美容室の様な洒落た外観で、地球が描かれた看板が目印だ。店内はカウンター6席のみ。メニューは淡口清湯スープの『塩ラーメン』(700円)と濃厚白湯と魚介スープの『醤油ラーメン』(750円)の2種類。麺はそれぞれ違うものを使用し、チャーシューも「塩」には肩ロース、「醤油」にはバラロールと使い分けている。トッピングの『白味玉(塩味)』(100円)や『焼きトマト』(150円)もおすすめだ。

詳細情報
阿佐ヶ谷
Advertising

春木屋 荻窪本店

創業60年、荻窪で愛される中華そばの真髄
JR中央線・荻窪駅北口のロータリーを抜けた商店街に位置する。1949年創業、創業60年を超える老舗。そんな老舗が提供する一杯はシンプルな醤油味の中華そば。スープは鶏がらと魚介のだし、少しだけ濃い目の醤油の香ばしさやコクが絶妙に混ざり合った優しい味になっている。毎朝作られているという自家製麺はちょうどよい食感でプリっとした縮れ麺。創業時からの王道の美味しさを守り続けており、いつ行っても安心感のある「これぞ日本のラーメン」といえる味だ。メニューは『中華そば』(800円)、『ワンタン麺』(1200円)、『チャーシュー麺』(1300円)、『チャーシューワンタン麺』(1700円)、『つけ麺』(900円)など。それぞれ大盛も注文可能。日本人の誰もが持つ中華そばの真髄をしる店だ。

詳細情報
荻窪
もっとみる

コメント

0 comments