ニュース / シティライフ

5月オープンの注目ヴェニュー5選

5月オープンの注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ> 5月オープンの注目ヴェニュー5選

タイムアウト東京が注目するニューオープン情報を毎月紹介。今月は、ホストが大将を務める寿司店や、資生堂パーラーの自由が丘店、代々木の人気ベーカリー365日が監修する新店など、注目ヴェニューが続々とオープンする。

へい らっしゃい ※2019年5月2日オープン

歌舞伎町でホストクラブ6店舗を中心に展開するSmappa!Groupが、寿司店へい らっしゃいをオープン。同店の大将は、ホスト歴14年でグループを代表する看板ホスト、SHUN(シュン)だ。オープンに向けて東京下町の老舗寿司店で修行を積んできた。寿司は1貫300円~。有名中卸業者から仕入れた天然物の鮮魚を使い、握りやお造りを提供する。2019年3月にオープンしたバー、レストラン麦ノ音に併設している。

グリーンサム ※2019年5月10日オープン

代々木の人気ベーカリー365日が監修する新店。「近未来的都市型ベーカリー」という、新スタイルを掲げており、東京に暮らす人たちのライフスタイルに合わせたパンや、革新的な製法で作られたパンを発売する。店頭には、ベーシックな食パンから、おかずの一品になるような食卓を華やかにするものまで、約60種類が入れ替えで並ぶ。

日本酒バル 富士屋 ※2019年5月10日オープン

渋谷駅西口から徒歩5分ほどの場所にある、日本酒が楽しめるバル。47都道府県から厳選した50種類以上の日本酒を、ワイングラスで味わうのが特徴だ。名物料理は天ぷら串(各250円〜)。定番のものから季節の天ぷら、変わり種など種類もさまざま。そのほか、『牡蠣とアスパラのアヒージョ』『トロ鰯のオイルサーディン』など、つまみも豊富にそろう

資生堂 自由が丘パーラー ※2019年5月18日オープン

自由が丘に資生堂パーラーがオープン。レストランとカフェ、ショップで構成され、支店としては初のテラス席が用意される。注目は、自由が丘店オリジナルスイーツ。『クレームショコラ』は、花のようにクリームが飾られたかわいらしいスイーツで、抹茶と日向夏、ほうじ茶の3種を提供する。そのほか、人気のパフェ類や、『ミートクロケット』と『ビーフカレー』など伝統メニューも味わえる。

ティム・ホー・ワン 新宿サザンテラス ※2019年5月24日オープン

「世界一安いミシュランレストラン」と称される香港の人気点心レストラン、添好運(ティム・ホー・ワン)が、新宿サザンテラスに日本2号店をオープン。同店は、4年連続でミシュラン三つ星を獲得したフォーシーズンズホテル香港の広東料理店、龍景軒で点心師を務めたMak Kwai Puiが、カジュアルに本物の味を楽しんでほしいとの思いでパートナーのLeung Fai Keungと創業した点心専門店だ。香港と同様に、オリジナルレシピをもとに厨房で手作りした点心を、リーズナブルな価格で提供する。新宿店では、接待や大人数のグループ利用もできる個室を用意。予約も可能だ。

関連記事4月オープンの注目ヴェニュー5選

Advertising
Advertising