A street at night in Tokyo's Shinjuku nightlife district
Photo: Yichen Jin/Unsplash

1都3県で20時以降の不要不急の外出自粛など前倒しで要請

東京のほか神奈川と埼玉、千葉も、1月8日から実施

作成者:
Mari Hiratsuka
広告

2021年1月4日に総理大臣の菅義偉は、東京都とその周辺の都道府県に対する緊急事態宣言を検討していることを明らかにした。しかし、東京、神奈川、埼玉、千葉の各知事は、政府の決定を待たずに、独自の対策を進めることになった。

NHKの報道によると、人の流れを抑制するための「緊急事態行動」を取りまとめ、1月8日(金)から31日(日)まで20時以降の不要不急の外出自粛や、飲食店の営業時間短縮を要請。アルコールを提供している飲食店は、19時までに酒の提供を終了し、20時には閉店するように求める(1月12日(火)からは、アルコールを提供していない飲食店も20時までの閉店を要請)。

東京都知事会見資料
東京都知事会見資料

さらに、リモートワークや在宅勤務、時差出勤の徹底、冬のイルミネーションの早めの消灯を呼びかける。9日(土)からは連休に入るが「3密」を避け、手洗いなど基本的な対策をくれぐれも忘れずに過ごしたい。

Kit Kriewaldtの記事を元に制作

最新ニュース

    広告