Photo: Tuan Hung Nguyen/Pixabay
Photo: Tuan Hung Nguyen/Pixabay

日本航空がコロナカバー保険を発表

医療費を最大15万ポンドまで保障、国際線全便に付帯

作成者:
Tabea Greuner
広告

新型コロナウイルス感染症の流行下の現在、旅行するにはストレスが溜まる時期だと言えよう。多くの航空会社は、フライト変更を無料にしたり柔軟に対応したりして旅行しやすくしようと試みている。日本航空はさらに一歩進んで、国際線の乗客のために無料のJALコロナカバー保険アリアンツトラベルと提携してリリースした。

もし旅行中に要請と診断された場合、医療費のうち15万ポンド(約1,900万円)までカバーされる上、隔離期間中の費用を1日100ポンド(約1万2,600円)まで最大14日間支払いを受けられる。帰国療養を勧められた場合は1,500ポンド(約19万円)まで旅費を補助してもらえる。

この保険は、2020年12月23日(水)〜2021年6月30日(水)に発着する日本航空の国際線フライト全便に付帯されるため、2021年6月30日に搭乗しても保険は適用されるのだ。搭乗日から31日間有効だが、往復旅程の場合は帰国した時点で失効となる。

適用を受けるには、陽性と診断されてからできるだけ早く日本航空の24時間サポートに問い合わせる必要がある。スタッフが医療と宿泊の予約を手配、医療機関への支払いは代行してくれるが、一旦支払ってしまった費用は払い戻しされないので、必ず問い合わせ窓口に確認しよう。窓口は12月23日(水)まで受け付けており、国内、国際通話の番号一覧はこちらから見ることができる。

なお、他社便名や他社運航コードシェア便は対象外だ。

JALコロナカバーに関する詳しい情報はこちら

原文はこちら

関連記事

新型コロナウイルスに関する、外国人が相談可能なホットライン一覧

新型コロナウイルスに関する情報

2,900円でPCR検査を受けられるクリニックが新橋にオープン

外国人向け新型コロナ電話相談窓口が7言語対応へ

東京でPCR検査と出張証明書を取得できる場所

最新ニュース

    広告