STAND by bookandbedtokyo
STAND by bookandbedtokyo

高田馬場で本に親しむ、「泊まれる本屋」のカフェがオープン

本をテーマにしたブック アンド ベッド トウキョウの新業態

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

2020年8月26日、「泊まれる本屋」をコンセプトにしたホステルが、JR東日本「東京感動線」の取り組みとして新業態のカフェを高田馬場にオープンした。JR高田馬場駅早稲田口と直結しており、学生をはじめ通勤などで駅を利用する人々のほか、地域住民も訪れる憩いの場として話題になっている。

早稲田口直結の店舗
早稲田口直結の店舗

誰もが自由に本を貸し借りできる本棚

店内でまず目に入るのが、壁一面の大きな本棚。こちらはブック アンド ベッド トウキョウがセレクトした本のほか、訪れる人々が持ち寄った本や、JRが提供する本が並べられている。店内用と書かれたシールが貼られているもの以外は持ち帰りも可能。電車で本が読みたいときに立ち寄るのも良さそうだ。

壁一面の本棚
壁一面の本棚
お気に入りの一冊を選んで
お気に入りの一冊を選んで

天井に広がるフラワーコーディネート

店内中央には、クッションが置かれた座席が並ぶ。天井の大きなフラワーコーディネートは、篠崎恵美が手がけるエデンワークス(edenworks)が担当。色鮮やかな花は癒しのひとときをもたらしてくれる。 

エデンワークスが手がけたフラワーコーディネート
エデンワークスが手がけたフラワーコーディネート
中央の座席。照明やクッションがあり、洗練された居心地の良い空間が広がる
中央の座席。照明やクッションがあり、洗練された居心地の良い空間が広がる

 朝、昼、夜と変化するメニュー

気になるフードとドリンクのメニューは、モーニング、ランチ、ディナーの3種類。朝はトーストやクロワッサン、オープンサンドと、ニュージーランドの首都ウェリントン初のコーヒースタンド、コーヒーシュプリーム(Coffee Supreme)のカフェやジュース、昼からは店内で焼きたてが味わえるピザの提供、夜は京都の人気サワースタンド、サワー(sour)と共同開発したアルコールもそろう。

人気メニューの『ペパロニデトロイト』(715円)
人気メニューの『ペパロニデトロイト』(715円)

忙しい朝はテイクアウトに、昼は学校や会社の休憩に、夜は帰宅前に軽く飲みたい時など、さまざまな利用方法がかなうスタンド バイ ブック アンド ベッド トウキョウ。高田馬場駅を通る際や、気になる本棚のチェックに訪れてみては。

詳細はこちら 

関連記事

大人の家庭科室こと渋谷の厨房的酒場、高丸電氣がオープン

ミヤシタパークで行くべき粋なレストラン5選

新たなワークウエアを創造する、WANSIEが新宿五丁目にオープン

おいしそうなスニーカー? パッケージを精巧に再現したある作品

おしゃれにマスクの痛みを解決する4の方法

最新ニュース

    広告