Karaoke equipment
Photograph: Shutterstock

香港のカラオケやナイトクラブ、制限付きで営業再開へ

Advertising

香港当局は、社会的距離のための措置を緩和している一環として、カラオケラウンジ、ナイトクラブ、パーティールームが5月29日(金)から営業再開することを許可した。夜遅くまで飲み騒ぐのが好きな人にはうれしい知らせだろう。

この決定は、5月初旬に出されたバーや映画館の再開許可に続くもの。今回対象となる施設では、定員の半分での営業が可能となる。また、ナイトクラブでは一つのテーブルにつき4人までしか座れない、カラオケラウンジやパーティールームでは1部屋につき8人までしか入れないという人数制限が付く。ダンスフロアへの立ち入りは認められず、ライブの開催も禁止だ。客とスタッフは、常にマスクを着用するように指導され、温度チェックや手指消毒剤の提供などの対策も、規制の一部に盛り込まれている。

文化・康楽文化事務署(LCSD)も、同署が運営するパフォーマンスや音楽コンサートなどを行うヴェニューを6月1日(月)に再開すると発表している。さらにこの日からは、3月下旬から停止されていた香港国際空港での乗り継ぎ客の一部受け入れの再開もされる予定。

原文はこちら

関連記事

夜の街の再開はいつ? スナックの現状を聞く

先を見据えた取り組みが注目されるClubCommission Berlinとは

高円寺、人と街の活気を守るプロジェクト始動

渋谷で最も3密な場所? のんべい横丁のこれから

ベルリンのナイトクラブ、ダンス禁止のビアガーデンとして再開

Share the story
最新ニュース
    Advertising