Starbucks Japan Circles Ginza
Photo: Starbucks Japan

銀座のスターバックスで快適なコワーキングライフを送る

ソロブースやビデオ会議スペースを兼ねたサークルズ銀座店

Advertising

日本には 、世界で最も美しくクリエーティブなスターバックスカフェがいくつかある。2020年にはストリートの伝説的なアイコン藤原ヒロシデザインした渋谷ミヤシタパークの店舗や、花と緑でいっぱいの店舗のオープンに続き、働く人々の快適なスペースに特化したスターバックス コーヒー サークルズ 銀座店が誕生した。

Starbucks Japan Circles Ginza

 

Photo: Starbucks Japan

 

こちらのサークルズ(CIRCLES)銀座のビル内にオープンした新店舗のコンセプトは、働く人が「夢中になれる場所」。独自の共有オフィスとコワーキングスペースを備え、ビジネスマンのために設定されたリラックスした環境が広がっている。

Starbucks Japan Circles Ginza

 

Photo: Starbucks Japan

 

Think Labと共同で作成された2階フロアは、広々としたスマートラウンジがあり、テレビ電話などに適した予約できるソロブース席、複数人でのミーティング、商談可能なテーブル席がそろっている。Think Labが管理するソロブースは追加料金(300円/15分)がかかるが、銀座の真ん中で集中して仕事をするためには惜しくない料金だ。

Starbucks Japan Circles Ginza

 

Photo: Starbucks Japan

 

1階はおなじみのレジとバーカウンターがあり、事前に予約決済できる『モバイルオーダー&ペイ』を搭載。

Starbucks Japan Circles Ginza

 

Photo: Starbucks Japan

 

2階は快適なソファや、自然光がたっぷりと差し込む窓際の席が多い。人々がリモートワークに慣れてきた昨今、新たな仕事場の選択肢としてこのスターバックスに注目したい。 

関連記事

日本初、手話で注文できるスターバックスが国立にオープン

昼飲み聖地に?ブルーボトルコーヒー広尾カフェがカクテルを提供開始

暮らすように泊まる、ホテルニューオータニで30連泊

これは持ち歩きたい、Ziplocのクーラーバッグが8月7日から発売

モスバーガーに分身ミニロボットが登場、遠隔操作で接客が可能に 

Share the story
最新ニュース
    Advertising