サイクルイングリッシュ
サイクルイングリッシュ

英語を身近に、奥多摩を自転車でめぐるサイクルイングリッシュ

ソーシャルディスタンスを保ち、英会話でツアーを体験

作成者: Time Out Tokyo Editors
広告

都内とは思えないほど山々に囲まれ、温泉も多い奥多摩。アウトドアを楽しむには絶好のロケーションだ。サイクリングにトライするなら、JR青梅線奥多摩駅のレンタル自転車店、トレックリング主宰のツアーが人気である。いずれも3、4時間程度で地元サイクリストが見どころを案内してくれる。 

サイクルイングリッシュ
サイクルイングリッシュ

中でもユニークなのが、英語を学びながらサイクリングを楽しめるという『サイクルイングリッシュ』ツアー。イギリス人講師による英語でのガイドツアーで、奥多摩エリアの名所を巡る。インカムによる会話なのでソーシャルディスタンスも保たれ、飛沫(ひまつ)の心配もなし。小声でもしっかり聞こえる上、一度に5人が同時に話せるインカムなので、コミュニケーションもスムーズだ。

講師は日本語も堪能なので、英語に自信がなくても大丈夫。自然の中でサイクリングツアーと英会話を同時に体験できると、英語でのツアーガイドを目指す人にも好評なのだとか。8,000円からの参加料で自転車などのレンタル料、ガイド料なども込み。

サイクルイングリッシュ
サイクルイングリッシュ

JR青梅線沢井駅に近い小澤酒蔵が目的地で、澤乃井ガーデンで利き酒を堪能し、その場で自転車を返却できる『酒蔵見学サイクリングツアー』など、奥多摩、青梅の自然や文化を体感できるツアーを企画している。

また、レンタルした自転車を青梅や河辺でも返却でき自由がきくのもうれしい。ツアーでスポーツバイクの魅力に目覚めたら、奥多摩から青梅駅までのサイクリングに挑戦してみよう。約20キロメートルの下り坂を疾走するのは爽快だ。

テキスト:間庭典子

 サイクルイングリッシュ』ツアーの詳細はこちら

関連記事

富士山を眺めながら夜のピクニック、星のやのトレッキングツアー

週末、車で行きたい東京近郊のスポット(奥多摩編)

テント内で星空と湖を一望、那須高原の湖畔にグランピング場が誕生

奥多摩の日原鍾乳洞が9カ月ぶりに営業再開

都心から1時間半、藤野の自然の中で上質なグランピングを体験

最新ニュース

    広告