キッチン南海
キッチン南海

老舗レストラン、キッチン南海の本店が6月26日に閉店

作成者: Mari Hiratsuka
広告

東京にいくつもあるキッチン南海だが、本店は神保町にある。このほど、店舗の老朽化によって、本店が2020年6月26日(金)に閉店されることが発表された。同レストランは、近隣で働く会社員がランチタイムなどに行列を作る人気店だ。

開店は1966年。店先のガラスケースには、昔懐かしい食品サンプルが並び、上には「元祖カツカレー」と書かれた象の置物が鎮座。一番人気のメニューは『カツカレー』で、当初はカレー専門店としてオープンしたこともあり、三日間かけて仕込むこだわり。具材が溶け込んだ真っ黒なソースは濃厚で、薄手で大きなとんかつの存在感にも負けていない。

閉店の理由は、「建物の老朽化に伴う、店舗契約期間終了のため」と店内に掲示されているようだ。しかし7月中には、神保町花月の向かいに、のれん分け独立店のキッチン南海を開店予定。新店舗での復活をしばし待ちたい。



関連記事

東京、カレー30選

今週「森の妖精」が輝くピークが到来

中川政七商店にガーゼのプロが作る夏用マスク登場

今週行くべき展覧会9選

ダイヤモンド・プリンセス号がバーチャルツアーを公開中

最新ニュース

    広告