BRANCHÉ CHOCOLAT
BRANCHÉ CHOCOLAT

紹介制レストラン、スガラボの元シェフとコラボしたスイーツブランドが誕生

第1弾は八女茶を使った抹茶スイーツ、販売は9月9日から

Advertising

SNSを中心とした「D2C」でのブランドづくりに挑戦しているマルシェ社は、完全紹介制のフレンチレストラン、スガラボ(SUGALABO)を経て、現在は「食のリテラシーを磨く」をコンセプトに、新しい料理人の在り方や食体験の提案を行う「カリナリープロデューサー」として活動するシェフの薬師神陸と共同で、高級スイーツブランド『BRANCHÉ CHOCOLAT(ブランシェ ショコラ)』を立ち上げた。

第1弾となる商品は『CARRÉ AU CHOCOLAT(カレ オ ショコラ)』という抹茶スイーツ。2020年9月9日(水)からこちらのブランドサイトで販売される。

フランス語で「四角いチョコレート」を意味する『CARRÉ AU CHOCOLAT』に用いられたのは、福岡県産の八女市で栽培された八女茶。八女茶の特徴は、甘さとコクのあるうまみの強さだが、ひき方によっては甘みやコク、苦味、色の美しさなど、個性の出方が大きく異なってしまう。そんな八女茶のポテンシャルを最大に生かすため、『CARRÉ AU CHOCOLAT』では試作と試食を重ね、50種類以上のレシピの中から、茶葉の味がエレガントに引き立つこのレシピにたどり着いたのだそうだ。

BRANCHÉ CHOCOLAT
BRANCHÉ CHOCOLAT

 

ショコラの甘みに輪郭を与えるため福岡県産の梅酒を隠し味として忍ばせたり、食感の変化を楽しめる2層構造にしたりと、全体の味も緻密に設計。テリーヌよりも濃厚で、生チョコよりも軽く滑らか、ケーキにほど近いという新感覚のスイーツに仕上がった。

同ブランドのこだわりは、実際に日本各地へ足を運び、食材の生産者と向き合い、改めてその素材を掘り下げるということ。味はもちろん、素材に出合うところから、この美しい見た目まで、一切の妥協なく作られた『CARRÉ AU CHOCOLAT』は、スイーツ好き必見の一品と言えるだろう。

『BRANCHÉ CHOCOLAT』の詳しい情報はこちら

関連記事

大麻から抽出される天然成分CBDを楽しめるカフェがオープン

コロナ禍の好機、国道がテラス席になる二子玉川まちみちテラスを開催

レンタルバイクで巡る世田谷線沿線ご近所ガイド

高田馬場で本に親しむ、「泊まれる本屋」のカフェがオープン

北アルプス国際芸術祭が2021年8月に開幕

Share the story
最新ニュース
    Advertising