二子玉川まちみちテラス
ふれあいテラス(Photo: 二子玉川エリアマネジメンツ)

コロナ禍の好機、国道がテラス席になる二子玉川まちみちテラスを開催

11月までの期間限定で日曜、祝日のみ出現

Advertising

コロナ対策で飲食店の路上占有が緩和されたのを受け、全国では今、路上を活用して複数店舗のメニューを楽しめる路上テラスが盛り上がっている。

東京都でも、東京駅前の丸ノ内仲通りのマルノウチパークや白金商店街の白金青空フードコートなど、それぞれの地区がユニークなストリートテラスを展開中だ。

中でも注目されているのが、まちづくり団体、一般社団法人二子玉川エリアマネジメンツが2020年8月9日から二子玉川商店街振興組合と協働してスタートした、二子玉川まちみちテラスだ。

二子玉川まちみちテラス

 

みちテラス(Photo: 二子玉川エリアマネジメンツ)

 

二子玉川商店街を貫く大山みちの店舗前をテラス席にした「みちテラス」と、国道246号高架下にある二子玉川西地区ふれあい広場前の国道を利用した「ふれあいテラス」の2カ所に期間限定で道路空間にテーブル、イスを設置。近隣の飲食店が提供するテークアウトメニューや物販品を、密集を避けながら楽しめる。

二子玉川まちみちテラス

 

ふれあいテラス(Photo: 二子玉川エリアマネジメンツ)

 

11月29日(日)まで実施しており、「みちテラス」は日曜、祝日の11〜19時のみ。「ふれあいテラス」は9月6日(日)、9月27日に開催予定(天候を見ながらの不定期開催)。訪れる前に公式SNSなどをチェックしてから行こう。

路上をジャックするオープンテラスは、今までに味わったことのない開放感を感じさせる。ぜひ一度体感してみてほしい。

二子玉川まちみちテラスの詳しい情報はこちら

関連記事

吹き抜けるそよ風が心地いい、白金高輪の路上にオープンテラスが出現

丸の内仲通りがミストシャワーと天然芝広がる都会のオアシスに

観光客のいない東京で、今こそ行くべき人気スポット

東京23区内の飲食店、9月15日まで時短営業を継続へ

NHK交響楽団と⻄本智実が池袋のグローバルリングに登場

Share the story
最新ニュース
    Advertising