AC Photo/東急東横線
AC Photo/東急東横線

東急の終電が2021年3月から繰り上げに

こどもの国線を除く全線で最大30分程度早まる見通し

https://d32dbz94xv1iru.cloudfront.net/customer_photos/068dda57-0fbb-40de-8c75-a6fb7d50a6b0.jpg
テキスト:
Tabea Greuner
広告

JR東日本西武鉄道など、東京と近郊の鉄道路線が2021年春から終電の繰り上げを計画する中、東急電鉄来年3月からの改正ダイヤを発表した。

2020年は新型コロナウイルス感染症の流行で、多くの人がリモートワークを行っているため、東急線では昼夜のラッシュ時に利用者数の大幅な減少が見られた。例えば、深夜の武蔵小杉駅と溝の口駅での利用者数は、5割以上も減少している。こうした事情を考慮して、東急電鉄は神奈川県のこどもの国線を除く、全ての路線での終電繰り上げを決定した。繰り上げが適用されるのは、田園都市線、池上線、目黒線、大井町線、世田谷線、東急多摩川線、東横線の7路線。

新ダイヤでは、終電は上記の各路線で15〜30分程度早まる見込みで、この繰り上げによって夜間メンテナンスと点検に多くの時間を当てられるという。新ダイヤでの終電時間の詳細は東急の公式ウェブサイトで12月中に発表されるので確認してほしい。

原文はこちら

関連記事 

営業は22時まで、東京都が飲食店とカラオケに時間短縮を再要請

2021年の正月休み1週間延長を企業に要請へ

ロンドンのサザーク地区にヨーロッパ最大級の都市型屋上庭園が建設

2,900円でPCR検査を受けられるクリニックが新橋にオープン

東京でPCR検査と出張証明書を取得できる場所

最新ニュース

    広告