tokyo
Photo: Meguraw645/Pixabay An undated stock photo of Shibuya Crossing

東京都の医療提供体制の警戒度、最も高いレベルに

12月17日の新型コロナウイルス感染者数822人は過去最高

Lim Chee Wah
テキスト:
Lim Chee Wah
広告

2020年12月17日、東京都は1万909件の新型コロナウイルス感染症の検査を実施、822人の陽性反応という結果となった。これは過去最高の数字だ。

ジャパンタイムスによれば、東京都は医療提供体制の警戒度を最も高い「レベル4」に引き上げた。これは、新型コロナウイルス感染症によって医療提供体制が非常にひっ迫していることを意味している。感染者数の急増は、医療機関の病床を圧迫するだけでなく、感染者と同様に通常の患者への医療提供をも困難になるだろう。

822人という数字は、12月16日時点で新記録であった678人を上回るものだ。

原文はこちら

関連記事

Go To トラベルキャンペーンが全国一時停止

新型コロナウイルスに関する、外国人が相談可能なホットライン一覧

日本航空がコロナカバー保険を発表

新型コロナウイルスに関する情報

2,900円でPCR検査を受けられるクリニックが新橋にオープン

最新ニュース

    広告