tokyo
Coji Coji AC/Photo AC

東京五輪に向けて海外渡航者の14日間の待機基準を緩和へ

新型コロナウイルスの陰性証明、滞在時健康管理への同意は必要

作成者:
Kaila Imada
広告

東京オリンピック・パラリンピックの主催者が、選手や観客が大会に参加するに当たり、新型コロナウイルス感染症対策など安全面について対応を進めるにつれて、大会への期待は高まる一方だ。開催が迫る大会に関わる人たちを受け入れるために、日本は選手の14日間の待機を免除、さらには新型コロナウイルス感染症に特化した保健センターを選手村に開設しようとさえしている。

ジャパンタイムスによれば、日本政府は現在、東京五輪のために来訪する海外からの渡航者に対して、2週間の待機要請を免除することを検討している。現段階では、この待機要請は海外からの入国者全員に義務付けられており、日本国籍を有しているか、ビジネスでの短期滞在者だけがこの要請の対象外だ。

この新たな案が認可されると、入国者は自国の出国前に新型コロナウイルス感染症の陰性証明の提出や、日本滞在中の健康管理に同意する必要があるだろう。外国人選手やそのほかの種類の渡航者と異なり、海外から入国する東京五輪の観客は日本滞在中は公共交通機関の利用を認められるかもしれない。また政府は、新型コロナウイルス感染症の症例が増加している国からの入国認可も検討するといい、これらの事案は2020年11月12日の委員会で議論され、来年春までに決定することになった。

このほかに、東京五輪のチケット払い戻しが11月から開始されていることや、来年春開催となる大会の各ヴェニューの最大収容人数を決定する方針だということも知っておいていいだろう。

原文はこちら

関連記事

来年の東京五輪は規模を縮小しての開催検討

コロナに関係なく来年のオリンピック、パラリンピックは開催へ

延期されたオリンピックの新競技スケジュールが決定

オリンピック選手村に新型コロナ専門の保健所開設か

在留資格を持つ外国人の再入国を9月1日から全面解禁

最新ニュース

    広告