Tokorozawa Sakura Town Manhole Covers
Photo: Kisa Toyoshima

所沢にアニメキャラクターが光るマンホールが出現

日本初のLEDで光るエヴァンゲリオンやケロロ軍曹?

作成者:
Kasey Furutani
広告

日本ならではのパブリックアートとして世界からも注目されるマンホールのふた。最近では町田市の公園にポケモンのマンホールが登場し話題を集めるなど、そのデザイン性に磨きがかかっている。埼玉県のところざわサクラタウンは、人気アニメや漫画キャラクターを集めた最新型のマンホールを設置した。イラストだけでもインパクトがあるのだが、夜にはライトアップもするという。

イルミネーションマンホールはJR武蔵野線の東所沢駅から、ところざわサクラタウンに向かう歩道に設置されており、合計28種類のデザインが発見できる。ふたの中に発光ユニットを設置することで発光し、環境配慮のためソーラーパネルの電力を使用。来場者を誘導するだけでなく夜間の防犯対策としても役立ちそうだ。

イルミネーションマンホールを、写真とともにいくつか紹介しよう。

Tokorozawa Sakura Town Manhole Covers
Photo: Kisa Toyoshima

海外でも「ゆるキャラ」として知られる『ケロロ軍曹』の書き下ろしイラストが施されたマンホール。

Tokorozawa Sakura Town Manhole Covers
Photo: Kisa Toyoshima

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は、1979年に放送されたアニメ『機動戦士ガンダム』をリメイクした人気新アニメだ。

Tokorozawa Sakura Town Manhole Covers
Photo: Kisa Toyoshima

ファンタジーやRPGファンにはたまらない、『ロードス島戦記』のディードリットが描かれたマンホールもある。漫画やアニメ、ゲーム化もされている人気作品。

Tokorozawa Sakura Town Manhole Covers
Photo: Kisa Toyoshima

ファンタジーアニメ『オーバーロード』に登場する魔王であり、主人公でもあるアインズ・ウール・ゴウン。不気味なキャラクターだが、このLEDマンホーの上に立てば無敵になれるかもしれない。 

Tokorozawa Sakura Town Manhole Covers
Photo: Kisa Toyoshima

『スレイヤーズ」は赤毛の魔術師リナインバースが魔法を学び、宝探しの旅をする姿を描いた青春アニメだ。 

Tokorozawa Sakura Town Manhole Covers
Photo: Kisa Toyoshima

ホロはオオカミの耳としっぽを持つ少女で、『狼と香辛料』に登場するキャラクター。原作は支倉凍砂による人気ライトノベルで、中世ヨーロッパをモデルとした架空空間が舞台となっている。

そのほか『新世紀エヴァンゲリオン』や『フルメタル・パニック』などのマンホールもあるので、探してみてほしい。点灯時間は18時から26時まで。KADOKAWAが運営するところざわサクラタウンは日本最大級のポップカルチャー発信拠点となっており、今後はアニメをコンセプトにしたホテルなど注目の新施設のオープンも控えている。

関連記事

カラフルに光る幻想的な森へ、東所沢公園にチームラボの新作が登場

「MANGA都市TOKYO」を楽しむ5のこと

セーラームーンになりきれる? ユニークな結婚式プラン

浅草東武ホテルでハローキティの部屋に泊まる

ゆるキャラ界の次世代スターを探せ「ゆるキャラグランプリ2020」開催

最新ニュース

    広告