artTNZ produced by AFT with APCA
artTNZ produced by AFT with APCA

寺田倉庫の新たなアートコンプレックスが天王洲にオープン

1600平方メートルのコレクターズミュージアムも年内に誕生

作成者:
Hisato Hayashi
広告

2020年9月18日、天王洲に寺田倉庫の新たなアート複合施設、テラダ アート コンプレックス 2(TERRADA ART COMPLEX Ⅱ)が開業した。2021年春までに約10ギャラリーの入居を予定しており、隣接するテラダ アート コンプレックスの8つのギャラリーを合わせると、日本で最多のギャラリー数を誇る複合施設となる。

また、年内に開設を予定しているコレクターズミュージアム、ワット(WHAT)では、寺田倉庫がコレクターから預かり保管する現代アートを公開し、芸術文化発信施設として運営。現代アートシーンで活躍する作家の展示に加え、ミュージアムショップ、若手アーティストの作品を鑑賞、購入できるアートギャラリーカフェを併設予定だ。

天王洲アートシティ創造推進施設 TERADA ART MUSEUM(仮称)
天王洲アートシティ創造推進施設 TERADA ART MUSEUM(仮称)

ここではテラダ アート コンプレックス 2のオープンに際し、2020年9月18日から21日(月・祝)まで開催されるアートフェア、artTNZ produced by AFT with APCAのレポートとともに、施設に入居するギャラリーを紹介する。

国内最大数のアートコンプレックス

テラダ アート コンプレックス 2の2階には、現在コンテンポラリー トーキョー(Contemporary Tokyo)、トーキョー インターナショナル ギャラリー(Tokyo International Gallery)、ギャラリー ユージー テンノウズ(gallery UG Tennoz)が入居している。

オープンに際し、コンテンポラリー トーキョーではハワイ島ワイメア出身のアーティスト、マイケル・ホーの個展『Happiness is Submission to Godzilla』を開催。

2階に入居したギャラリーの様子
2階に入居したギャラリーの様子
トウキョウ インターナショナル ギャラリー
トウキョウ インターナショナル ギャラリー

コロナ禍を乗り越えアートフェアを開催

artTNZ produced by AFT with APCAでは、40軒以上の現代アートギャラリーが出展。入場申し込みはすでに終了しているが、公式ウェブサイトからはVR Art Scorpで会場の様子を見ることができる。

artTNZ produced by AFT with APCA
artTNZ produced by AFT with APCA
会場内の様子
会場内の様子
TARO NASU
TARO NASU
画廊香月
画廊香月
画廊香月出展の西村陽平による作品。本を1200度で焼き上げたユニークな結晶を展示
画廊香月出展の西村陽平による作品。本を1200度で焼き上げたユニークな結晶を展示
会場の様子
会場の様子

3月に予定していた日本最大級のアート見本市「アートフェア東京2020」の中止から6カ月後の開催となり、アートの観覧や購入を待ちわびていたファンも多いのではないだろうか。アートフェア終了後、3、4階のフロアはギャラリー入居のための準備期間に入るという。年内を予定するコレクターズミュージアムのオープンをはじめ、今後も天王洲から目が離せない。

関連記事

北アルプス国際芸術祭が2021年8月に開幕

「フラワー・オブセッション」など草間彌生の近作・新作展が開催中

追悼再録、エンニオ・モリコーネインタビュー

すみゆめ 2020で注目のアートイベント5選

葛飾北斎の失われた作品が、大英博物館のオンラインで公開

最新ニュース

    広告