ワット

アート 天王洲
ワット
ワット

タイムアウトレビュー

2020年12月12日(土)オープン

天王洲に総面積1600平方メートルに及ぶコレクターズミュージアム、ワット(WHAT)が誕生。寺田倉庫がコレクターから預かった現代アートを保管、公開し運営する芸術文化発信施設となる。

「WAREHOUSE OF ART」の頭文字をとった施設名には、「倉庫を開放、普段見られないアートを覗き見する」というユニークなコンセプトが込められている。現代アートシーンで活躍する作家の展示や、ミュージアムショップ、若手アーティストの作品を鑑賞、購入できるアートギャラリーカフェを併設予定だ。

また、先駆けて2016年から保管と展示を行ってきた建築倉庫ミュージアムは、建築倉庫プロジェクトに施設名を改め、同施設内で今後も建築に関する展覧会を開催する。

関連記事

寺田倉庫の新たなアートコンプレックスが天王洲にオープン

掲載日

詳細

住所 東京都品川区東品川2-6-10
Tokyo

アクセス りんかい線『天王洲アイル』駅(B出口) 徒歩4分/東京モノレール羽田空港線『天王洲アイル』駅(中央口) 徒歩5分
問い合わせ
営業時間 11時00分~19時00分(最終入場は18時まで)
関連情報
    最新ニュース