Harajuku
Photo: Photo: Tokyu Land Corporation

原宿の旧コンドマニア跡地に屋上庭園を備えた商業施設が誕生

新駅舎など原宿再開発プロジェクトの一環

作成者: Emma Steen
広告

渋谷の繁華街や神宮前を最後に歩いたのはいつだろうか。原宿と表参道を結ぶ交差点で、街角の一角が更地になっているのを見たことがある人は、何ができるのだろうかと思っていたかもしれない。かつてコンドマニアがあったこの角地に、新しい商業施設「神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業(名称未定)」が2022年にオープンする。

Harajuku
Photo: Tokyu Land Corporation

ショッピングセンターは、原宿の新駅やウィズ原宿に続く再開発の一環で、名称はまだ未定だ。建築家の平田晃久(ひらた・あきひさ)が設計を担当し、地下2階を含む12階建ての施設になる。現在発表されているパース写真を見ると、最上階には平田のプロジェクトによく取り入れられている垂直庭園を備えたテラスが設けられるようだ。

Harajuku
Photo: Tokyu Land Corporation

地上階は3085平方メートル、延床面積は1万9930平方メートルとなる。原宿にある東急プラザのフォトジェニックなエントランスのように、ファサードには鏡のようなパネルを採用。オープンした際にはInstagramでも話題になりそうだ。

神宮前六丁目地区第一種市街地再開発事業の詳細はこちら

関連記事

東京、絶対に外さない新型横丁6選

ミヤシタパークで行くべき粋なレストラン5選

食と遊びと仕事が融合するイート プレイ ワークスが広尾に誕生

日本の伝統をリメイク、魅力あふれる虎ノ門横丁へ

日比谷オクロジでしかできない8のこと

最新ニュース

    広告