Gym
Photo: Danielle Cerullo/Unsplash

再開したフィットネスジムの新しい安全対策

人数制限やグループトレーニングの禁止、マスク着用などの知っておくべきルール

Advertising

東京都は6月1日から、休業要請緩和のためのステップ2のフェーズ入った。これには、ジムや映画館などの営業再開が含まれている。エアロビクスバレエなど、オンラインでできるエクササイズは数多くあるものの、自分の意思ではワークアウトの維持が大変だった人には朗報だろう。都内のジムでは新しい安全対策が実装されている。 

体温チェック

NHKの報道によると、現在多くのジムが、入り口でゲストの体温をチェックしている。37.5度以上の人は、入館断りとなる例もある。

マスク着用

マスクなしで訪れた場合、一部のジムでは入館を拒否することがある。 エニタイムフィットネスは、トレーニング中でもマスクの着用が義務付けられているゴールドジムでは、トレーニング中マスクを着用する必要はないが、トレーナーと会話する必要がある。

一人で運動

通常ならば、仲間たちとのトレーニングは楽しいひとときかもしれない。エニタイムフィットネスでは、現在グループトレーニングは禁止されている。これは、接触による感染を避けるためだ。個々のトレーニングゾーンにはテープで印が付けられ、使用した機材はアルコールで拭くよう指示がある。通常時のルールでもあるが、今はさらに重要な行いだ。ロッカールームでは可能であれば、使用中から離れたロッカーを使おう。

トレーニングは1時間まで

ジムではエクササイズマシンの数を制限するため、ほかの人々と譲り合って施設を使用するために、トレーニング時間を1時間以下に保つことが最善策だ。厳密な規則はジムごとに異なるが、出かける前には必ずウェブサイトを確認してほしい。

休業要請による閉鎖から、約2カ月でオープンしたトレーニングジム。規制は緩和されつつあるが、人々がソーシャルディスタンスと安全対策を無視した場合、新型コロナウイルス感染症の第2波が来る可能性があると対策本部は警告している。 

関連記事

1980年代のエアロビクラスをオンラインでリバイバル

3,000円以下で買えるエクササイズグッズ5選

あのダンサーの指導をInstagramで! バレエレッスン配信中

ユニクロが夏の人気商品「エアリズム」のフェイスマスクをリリース

ヘルツォーク&ド・ムーロンがデザインするユニクロ旗艦店がオープン

Share the story
最新ニュース
    Advertising