Uniqlo global flagship Tokyo
© Herzog & de Meuron

ヘルツォーク&ド・ムーロンがデザインするユニクロ旗艦店がオープン

ユニクロ都内最大規模となるグローバル旗艦店が、6月19日に銀座に移転

Advertising

東京周辺の店舗や企業がゆっくりと再生を始めている。新しいショッピングスペースも開業に向けて準備を進めるなか、東京都内では初の出店となるイケアなどが入ったウィズ原宿や、 6月19日(金)に銀座にオープンする新しいユニクロ トウキョウが注目を集めている

元はユニクロ マロニエゲート銀座店として知られていたが、移転、拡大を行い都内最大規模のグローバル旗艦店となった。大通りにある巨大な12階建てのユニクロ 銀座店と混同しないよう注意。最も注目したい店舗デザインは、日本を代表するグラフィックデザイナーの佐藤可士和、スイスの建築家ユニット、ヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog&de Meuron)が共同で手がけている。

8年にわたる改装後、大胆にアップグレードされた店内はマロニエゲートの4フロアを引き継ぎ、ユニクロの掲げるテーマの「LifeWear」(ライフウエア)を体現する店舗となっている。商品は、高品質で機能的、手頃な価格でメンズ、レディース、キッズ、ベビーまで幅広く提供予定だ。

関連記事

ユニクロが夏の人気商品「エアリズム」のフェイスマスクをリリース

原宿駅前の大型複合施設、ウィズ原宿が6月5日に開業

縫わなくても簡単にできるDIYフェイスマスクを作ろう

JR原宿駅の新駅舎がオープン

ディズニープラスが6月11日、日本でローンチ決定

Share the story
最新ニュース
    Advertising