左:おでん学園 右:ガマダス
左:おでん学園 右:ガマダス

三軒茶屋の新たな立ち飲み居酒屋ガマダスがオープン

おでん学園のオーナーが手がける絶品の熊本名物と酒を提供

作成者:
Hisato Hayashi
広告

おしゃれなカフェから赤ちょうちんの居酒屋まで、さまざまな飲食店がひしめく三軒茶屋。都心渋谷へのアクセスもよく、住みたい街としても人気の街だ。そんな三軒茶屋に2020年6月20日、熊本料理を楽しめる立ち飲み居酒屋の馬刺・炉端 ガマダスがオープンした。

三茶で店を出して20年、第一店舗「おでん学園」の隣にオープン

牧野匡純
オーナー兼店主の牧野匡純

茶沢通りから一本裏手に入ったところに位置するガマダス。店名は熊本弁で「頑張ろう」を指す。熊本県出身、三軒茶屋で20年飲食業に携わってきた牧野は、コロナ禍のオープンに先立ち「こんな時期でも頑張ろう」という思いを込めて店名を付けたという。

おでん学園
隣接するおでん学園の店内。屋台が丸ごと入った珍しいスタイル

同店の隣には、同じく牧野がオーナーを務めるおでん学園がある。店内におでん屋台があるという不思議な空間が持ち味で、その距離の近さから、屋台を囲えば店主もお客さんも自然と会話を初めてしまう。また、曜日ごとに店主が変わる点も面白い店だ。

新型コロナウイルスが店舗オープンに与えた影響

ガマダス
ガマダス店内の似顔絵。店主の槙野と交流がある漫画『BECK』でおなじみのハロルド作石が手がけたもの

牧野は「当初は立ち飲みではない形態でできる場所を探していた。しかし、コロナウイルス感染拡大で飲食業界の状況が一変。店舗探しも見送っていた。そんな時に、かつて自分が働いていたこの場所を譲ってもらえる話をもらい、店を出すことを決めた」と語る。

ガマダス
手書きのメニューには熊本料理がズラリ。立ち飲み屋とは思えないほどメニューが充実している
ガマダス
おすすめメニュー『ヤマメの塩焼き』大きくて肉の締まった熊本産の川魚、ヤマメを塩焼きにしてくれる。塩味がきいていて酒も進む

以前、同じ場所にあった飲食店で働いていたという牧野は、コロナの状況を考慮しつつも、思い入れのあるこの場所でのオープンを決めたという。新しくオープンしたガマダスも、おでん学園も、どちらも客同士のコミュニケーションを気軽に楽しめる店だ。一人でも気楽に訪れやすいため、一度足を運んでみてほしい。

馬刺・炉端 ガマダス

営業時間:17時30分〜25時00分(L.O. 24時)
定休日:不定休

詳細はこちら

テキスト:西山綾加

関連記事

6月オープンの注目フードヴェニュー7選

3〜5月オープンの注目フードヴェニュー7選

話題の新店クレイジーピザ、1切れ100円のキッズピザも提供中

香港企業が開発した溶けるレジ袋 「#インビジブルバッグ」

作品泥棒OK「盗めるアート」展が7月開催

最新ニュース

    広告