ミニ モエ
ミニ モエ

「ミニ モエ」専用自販機がミヤシタパークのオア渋谷に登場

欧米SNSで話題、飲みきりサイズのシャンパンを気軽に楽しむ

作成者:
Hisato Hayashi
広告

現在段階的にオープンを進めている新施設ミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)。公園、宿泊施設、商業施設が組み合わさった渋谷の新しいランドマークとして、その注目度は高い。2020年7月28日にオープンした一部の店舗に続き、8月4日(火)にも開業を待つ店舗が控えている。

新進気鋭のショップの開業に注目が集まるなか、同じく4日にミヤシタパーク内にオープンする複合型エンターテイメント施設、オア(or)渋谷には、欧米のSNSで話題となったモエ・エ・シャンドンのミニボトル『ミニ モエ』専用自販機『モエ ミニマティック(MOET MINI-MATIC)』が登場する。

ミニボトルで「気軽にシャンパンを楽しむ!」

これまでにもニューヨークやロンドンに突如姿を表し、SNSで話題となってきた『モエ ミニマティック』。今回の日本上陸では、「気軽にシャンパンを楽しむ!」をコンセプトに、飲みきりサイズのシャンパンを販売。一人1本がちょうどいいミニボトルは、定番の『モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル ミニ モエ』と、2020年春に新発売の『モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル ミニ ロゼ』の2種を用意する。

『ミニ モエ』専用自動販売機『モエ ミニマティック(MOET MINI-MATIC)』
『ミニ モエ』専用自動販売機『モエ ミニマティック(MOET MINI-MATIC)』

おすすめの楽しみ方は......?

自販機が登場するオア渋谷は、1階はカフェ、2階はアートギャラリー、そして3階はミュージックバーと、3階層で構成されており、フロアごとに多彩なジャンルの音楽を最良のサウンドシステムで楽しむことができる。オアの心地の良い音楽とともに、飲みきりサイズのシャンパンを楽しんでみてはいかがだろうか。ゴールドに輝く専用の飲み口『ミニフリュート』をセットすれば、グラマラスなシャンパンタイムが一層華やかさを増すだろう。

カフェで提供する特製サンドイッチ
カフェで提供する特製サンドイッチ

ランチタイムには、『ピクニックセット』と共に宮下公園でシャンパンを楽しむこともできる。内容は、オア渋谷いちおしの、野菜たっぷりの特製サンドウィッチや、こだわりの生パスタを『ミニ モエ』と一緒にテイクアウトというもの。夏空の下で堪能する食事と冷えたシャンパンは、夏の新しい定番になりそうだ。

オア渋谷
オア渋谷

メニュー:『モエ アンペリアル ミニ モエ 』2,500円/『ロゼ アンペリアル ミニ ロゼ』3,500円
取扱期間:2020年8月4日(火)から
※営業時間、メニューは変更の場合あり
『モエ ミニマティック(MOET MINI-MATIC)』利用の際は、原則として年齢確認の上、専用トークンの購入が必要。

オア渋谷の詳細はこちら

テキスト:西山綾加

関連記事

未来から来た330メートルの複合メタル緑地が渋谷にオープン

大園の新緑を独り占め、4種のシャンパンを味比べするフリーフロー

宇宙にできた最初のバー、酔った気分が味わえる不思議な店が六本木に

夏の締めくくりに、花火とドライブインシアターの融合イベント

リニューアルオープンしたサントリー美術館に行くべき3のこと 

最新ニュース

    広告