Sala Apolo
Photograph: Sala Apolo

バルセロナで「密な」クラブイベントを社会実験

ダンスも可能、科学者が影響を検証

テキスト:
James Manning
広告

2020年12月12日、バルセロナにあるダンスクラブ、サラアポロには、かつて土曜夜に見られたような「普通の光景」があった。事前にチケットを手に入れた500人もの人が、Renaldo & Clara、Mujeres、Marta Salicrú、Unai Muguruzaのパフォーマンスを観るために来場。彼らはその日、会場で踊ることさえ許されていたのだ。

地元の医療関係者との協力のもと、音楽フェスティバル『Primavera Sound』がイベントを開催。参加者全員が、事前に新型コロナウイルスの迅速抗原検査とPCR検査を受ける必要があった。当然、会場内での手の消毒、マスクの着用は必須。また、「ライブミュージックの魅力を失うことなく、立って、踊って、飲んで、ほかの客と交流しながら、普通に安全なイベントを開催する」ために、訪れた人に連絡先のデータベースへの登録を呼びかけていた。

実はこのイベントは、無料ではあったが、たとえチケットを手に入れていたとしても、入場できるかどうかは保証されていなかった。前日に受けた検査の結果が陰性であった全ての参加者が、入場できるグループとできないグループの、2グループに分けられた。科学者による完全な検証を行うため、このように無作為にグループが設定されたのだ。

今回実験に参加した人たちへは12月20日にも最終検査を実施。全ての検査の受けた人には、次回のフェスティバルの1日券がプレゼントされるという。

フェスティバルディレクターのパブロ・ソレールによると、この検証の目的は「適切な医療、感染防止対策のもとでは、このようなイベント活動が可能であることを証明すること」であり、当局の承認も受けているという。

世界初の試みとなる『Primavera Sound』によるこの実験は、2021年にソーシャルディスタンスを緩めたライブやクラブイベントが復活できるかどうかを示すことになるだろう。結果次第では、厳しい収容人数制限のため公演が開催できなかった小さいヴェニューが再開できる可能性も広げるはずだ。さらにエキサイティングなことに、ダンスやモッシュなど、ライブミュージックを楽しむためのさまざまな要素も復活するかもしれない。良い結果が出ることを願う。

原文はこちら

関連記事

「クラブ界の父」が語る、この時代だからできること

ベルリンのナイトクラブ、ダンス禁止のビアガーデンとして再開

ベルリンのUnited We Stream、視聴者から30万ユーロ集まる

ベルリン市、クラブの屋外スペース利用を支援

ロンドン市、LGBTQ+ヴェニューへ緊急支援金を提供

最新ニュース

    広告