タイムアウトカフェダイナー
Keisuke Tanigawa

タイムアウトカフェ&ダイナーがUberEatsをスタート

パッケージは環境負荷の少ない紙容器で提供

作成者: Genya Aoki
広告

音楽好きなら誰もが知っている、恵比寿リキッドルームの2階にある隠れ家レストラン、タイムアウトカフェ&ダイナーが2020年6月15日にUber Eatsを開始した。

提供するのはハンバーガーやサンドイッチ、アボガドタコライスなど店内でも人気のメニューで、いちおしは『八ヶ岳プレミアムポークバーガー』。脂味が少なく、ワイルドな肉感が魅力の八ヶ岳ポークとトリュフオイルが大人の味わいを添える逸品だ。ボリュームもあり、カリッとしたポテトがたっぷり備え付けられているので、1メニューで満足することができる。まだ開始したばかりだが、バーガー系のメニューはファンも多く注文が集中しているとのこと。

もちろん、新型コロナウイルス対策も店員のマスク着用、こまめなアルコール除菌、検温など徹底している。

タイムアウトカフェ&ダイナー内観
タイムアウトカフェ&ダイナー内観

店内は理想のノマドプレイスで、開放感あふれる空間に固定ファンも多い。作業や打ち合わせ目的の客が程よく来店している。もともと広々とした空間だが、新型コロナウイルス感染症対策で席と席との間隔を広くしているため、より居心地がいい。恵比寿駅から徒歩5分の立地にあり、電源とWi-Fiも完備されている上、適度なソーシャルディスタンスを保てる店はそうないだろう。

ワイルドなグルメバーガーが食べたいときや、外でちょっとした作業がしたいときにおすすめしたい。

また、併設しているリキッドルームはいまだ休業中だが、さまざまなアーティストとコラボしたドネーションTシャツを販売しているのでこちらもチェックしてみてほしい。

関連記事

リキッドルームがアーティストとコラボしたドネーションTシャツを販売

支援募集中のクラブ、ライブハウスリスト

東京、一人で行きたいレストラン6選

渋谷、テイクアウト&デリバリーできる店

各国料理を堪能、渋谷パルコの屋上で味わうテイクアウトグルメ

最新ニュース

    広告