ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション
ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション

ザ リッツ カールトンがラグジュアリークルーズを開始

プライベートヨットのようなクルーズ船でリゾート地を巡る

Advertising

ラグジュアリーホテルブランド、ザ リッツ カールトンが、高級ホテルに泊まる気分を味わいながら旅ができるクルーズ事業「ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション」を本格始動。2021年4月から就航することが決定した。

1船目となる「エブリマ」は、全長190メートル、船客定員298の小型クルーザー。全149の客室がプライベートテラスを供えたスイート仕様で、ゲストのリクエストに応えてくれるパーソナルコンシェルジュによるサポート付き。さらに乗船客とスタッフの割合は、クルーズとしてはトップレベルの11で、ホテル同様のサービスを受けることが可能だ。

デッキには、海につながって溶け込むようなインフィニティプールやスパがある。波の音を聞きながら日光浴をして過ごしたり、空と海の境界線に沈む夕日を眺めたりと、海に浮かぶクルーザーならではの優雅な時間を堪能できるだろう。また船内には、三つ星レストラン、アクアのシェフが監修するスペシャリティダイニング、S.E.Aや、寿司バーなどがあるアジアンフュージョンレストランのタラートナム、そしてメインダイニングがある。

ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション

 

ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション

 

クルーズ代金は変動制で、70万円ほどから。オールインクルーシブとなり、パーソナルサービス、ルームサービスを含む全ての食事(スペシャリティダイニングでの食事を除く)、客室内を含む船内での飲み物、船上でのアクティビティ、Wi-Fi、チップが含まれているため、滞在中は何も気にすることはない。夢のようなセレブ気分を、思う存分楽しんでもらいたい。

クルーズは、春から夏は地中海とエーゲ海、冬にカリブ海などを中心に巡る7日間から14日間のプランが予定されている。プライベートビーチでのヨガ、サンゴ礁のある海をシュノーケリング、ソムリエと一緒にワイナリーの訪問など、テーマに沿ったアクティビティも行われる。秋には、ニューイングランドを巡るコースも登場。

なお、就航を2回延期したことにより、2021年の地中海コースは残室わずか。クルーズ代金は変動制となり、代金は値上がり傾向になっているため、早めに予約することを勧める。

久しぶりの旅行になるであろうこの機会に、コストをかけて一生の思い出となるような旅にしてほしい。

ザ・リッツ・カールトン ヨットコレクション」の詳細はこちら

関連記事

アブダビの新複合施設、アル・クアナが2020年末オープン

香港、現代的なスペースへ再生された歴史的建造物5

ニューノーマルで機内でのナッツ提供が減少

ノルウェー、アンドーヤ島に巨大ホエールウォッチング施設が誕生

かつての人気ビデオレンタル店に4ドルで宿泊可能に

Share the story
最新ニュース
    Advertising