Airbus’s zero-emission plane
Photograph: Airbus

エアバス、商用ゼロエミッション航空機のコンセプトデザインを発表

水素エンジンを搭載、早ければ2035年には飛行か

作成者:
Huw Oliver
広告

航空業界はついに、空の移動は環境に決して良くないという問題を直視するようになったようだ。さらに、そんなことを気にせずに世界中を旅してきた人たちでさえ、空の旅への倫理的な立場を取るようになってきている。

最近の兆候として、航空会社や飛行機メーカーのこの問題に対する動きが顕著だ。業界大手のエアバスは、初の商用ゼロエミッション航空機となる可能性があるという触れ込みの航空機のデザインを発表した。同社によると、早ければ2035年には3機の水素エンジン搭載機が飛行する可能性があるという。

「ZEROe」というシリーズ名が付いたこの3機の動力になるのは、液体水素を燃料とするガスタービンエンジン。液体水素は水蒸気だけを排出するので、クリーンなエネルギー源と考えられている。

Airbus zero-emission planes
Photograph: Airbus

ただ、これらの飛行機が完全に「ゼロエミッション」になるためには、水素の製造を現在一般的なメタンなどの化石燃料ではなく、太陽や風力発電などの再生可能で低炭素な資源で賄う必要がある。

エアバスによると、3機の中で一番大きい 「ターボファン」と最も目を引くモデルである「ブレンデッドウィングボディ」は、最大200人の乗客を乗せて2000マイル以上、小型の 「ターボプロップ」 は最大100人で1000マイル以上の飛行が可能。

同社は、この新型航空機が本格的に稼働するためには、航空会社や空港における水素エネルギー技術への投資が必要であることを認めた。いずれにせよ、航空産業の未来がかかっているようだ。

原文はこちら

関連記事

エアバスの空飛ぶタクシーCityAirbusがドイツで初飛行

飛行機で新型コロナに感染するリスクは低い? 新たな研究を実施

ポストコロナ時代、航空機の座席はこうなる? イタリア企業がプロトタイプを発表

夢の超音速旅客機、プロトタイプ公開へ

中央ヨーロッパで格安国際列車サービスがスタート

最新ニュース

    広告