Rough Trade
Rough Trade

イギリスの名門レーベル、ラフ・トレードが日本限定マスクを発売

夏フェスのマストアイテムに

作成者: Hanako Suga
広告

バンドやアーティストが、ロゴの入ったオリジナルマスクをマーチャンダイズとして販売し人気を集めているが、イギリスの名門レコードレーベルもついにマスクのリリースを決めたようだ。ザ・スミス(The Smiths)やザ・リバティーンズ(The Libertines)など、数々のロックバンドを輩出してきたレーベル兼レコードショップのラフ・トレード(Rough Trade Records)が、日本限定デザインのマスクの発売を開始。

日本でも、ラフ・トレードの大きなロゴの入ったTシャツやトートバッグを利用している人も多く、一度は目にしたことがあるデザインだろう。

マスクはSサイズとLサイズから選ぶことができ、全てハンドメイドだ。素材はコットンでラフ・トレードのバンダナを再利用して作られている。ビートインクの公式サイトから購入予約ができ、2020年7月1日(水)まで受け付け中だ。ぜひとも「夏フェスコーデ」の一部に取り込みたいところだが、残念ながら今年のフジロックの開催は中止となってしまった。

とはいえ、今後もライブハウスやフェスティバルでのマスクの使用は不可欠となりそうなので、今からストックしておくのもありだろう。

マスクの購入はこちらから

関連記事

ニューウェイブバンド、DEVOがフェイスシールドをリリース

ユニクロが夏の人気商品「エアリズム」のフェイスマスクをリリース

フレーミング・リップスが巨大バルーンを使って「隔離ライブ」を披露

パンデミック中でもパーティーに行ける防護服「micrashell」とは

フジロックが延期を決定、2021年8月に開催

最新ニュース

    広告