Election Day
Photograph: Dmitry Kovalchuk/Shutterstock.com

アメリカ大統領選、投票日について知っておくべき3のこと

大混乱も想定、大統領はいつ決まるのか

作成者:
Anna Ben Yehuda
広告

アメリカ大統領選挙が始まる2020年11月3日(火)まで、あと少しとなった。アメリカでは緊張が高まっている。すでに2016年の大統領選投票者の約65%に相当する、9000万人という記録的な数のアメリカ人が期日前投票をしており、現職のドナルド・トランプと民主党の対立候補であるジョー・バイデンとの政治的争いの中で、はっきり意思表示をしているようだ。

我々の投票ガイドでは、50州全ての登録締め切りから期日前投票情報、郵送による投票ルールまで、投票日前に必要な情報が説明されているが、ここでは、さらに一歩進んで、選挙の日について知っておくきべきことをまとめた。

いつ投票するのがベストか?

選挙の前に投票するべきだろう。現在の新型コロナウイルスの大流行と、各投票所で予想される長い列を考慮して、投票日当日より前に郵便または直接投票するよう、専門家は勧めている。期日前投票ができない場合は、朝早く投票に向かうのがおすすめだ。

郵送での投票はいつ集計されるか?

州によってルールが違う。アリゾナ、フロリダ、ノースカロライナといった一部の州では、投票日前に処理される。ペンシルベニアなどほかの州では、11月3日(火)からしか集計が認められていない。

そのほか、今知っておくべきことは?

共和、民主両党、そしてアメリカ国民全体が、投票や選挙日に関連する問題について多くの発言をする可能性が高い。大混乱が起こることも想定しておこう。そうは言っても、結果を再集計や訴訟合戦は、12月8日(火)までに終える必要がある。つまり、12月14日(月)には、全ての選挙人が大統領と副大統領に投票。2021年1月6日(水)には、改選後の議会で、選挙人の票を数えるための上下両院合同会議が開かれ、選出された大統領が宣誓就任を行う。

 原文はこちら

関連記事

トランプのうそがニューヨークの壁画にずらり

ニューヨーク州知事がトランプを地元の名産品で見舞い

ニューヨークのルーズベルトホテル、約100年の歴史に幕

NYに登場した巨大な時計が、ある瞬間に向けてカウントダウン中

世界中の「アートなもの」を集めたARTRANDOMがオンラインで開設

最新ニュース

    広告