ニュース / シティライフ

NYに登場した巨大な時計が、ある瞬間に向けてカウントダウン中

A post shared by Chad Luibl (@cmluibl) on

この夏、ある巨大なデジタル時計がロングアイランド市に設置された。マンハッタンから見えるこの時計は、アメリカの歴史で分岐点になり得る時に向かいカウントダウン中だ。つまり大統領ドナルド・トランプの1期目の満了日だ。

ニュースサイト『DNAinfo』によると、時計は、地元の芸術系サイト『The Creative Independent』と、アーティストのマシュー・バーニ(Matthew Barney)によって創始されたプロジェクトだという。6月末に登場して以来、ニューヨークで全く人気を得ていない大統領がホワイトハウスを去るまでのリマインダー役を務めてきた。

イーストリバーの河岸まで来ることができない人は、こちらのウェブサイトで、トランプの1期目終了までのカウントダウンをいつでも確認できる。

原文

Advertising
Advertising