ニュース / バー

「アジアのベストバー50」が発表、東京からは6店舗がランクイン

Shingo Gokan/Photo: sg-management.jp
Shingo Gokan/Photo: sg-management.jp

東京のバーは世界で最も活気にあふれ、素晴らしいバーテンダーが多く存在することでも知られている。

このほど、イギリスのウィリアム リード メディア グループが主催する『世界のベストバー50』のアジア編が発表された。『2019年 アジアのベストバー50』のリストに6軒のバーが取り上げられ、東京のバーの評判は、さらに強固なものとなったといえる。

ランキング常連のバー ハイ ファイブ(Bar High Fiveは、6位にランクイン。銀座にある同店は、かつてスタア バー(Star Barで活躍していた、上野秀嗣(うえの・ひでつぐ)がオーナーを務める、都内指折りのバーだ。メニューというほどのものはなく、客に好みを尋ね、それに合ったカクテルを提供している。

17位にランクインしたのは、ミステリアスな雰囲気のバー ベンフィディック(Bar Benfiddich。ハーブやスパイスなど薬草を使用したカクテルを堪能できる名店だ。

バー ベンフィディック

これに続き、アブサンを専門に扱うバー・トレンチ(Bar Trench)が23位に、フルーツカクテルに力を入れるバー・オーチャード・ギンザ(Bar Orchard Ginza)が28位、日本のテイストを取り入れたカクテルが楽しめるミクソロジー・サロン(Mixology Salon)が49位にランクインしている。

ミクソロジーサロン 

最大の栄誉を手にしたのは、2018年6月に代々木公園のすぐそばにオープンした、洗練されたカクテルバー、ザ エスジー クラブ(The SG Club)だ。ドリンクメニューもコンセプトも違う2フロアから成る同バーは、初登場で13位にランクイン。オーナー兼バーテンダーの後閑信吾(ごかん・しんご)は、個人に与えられる特別賞「アルトス・バーテンダーズバーテンダー(バーテンダー中のバーテンダー)」 の称号も獲得した。

後閑のバーはさらに2軒ランクインしており、7位のスピーク ロウ(Speak Low)と、16位のソーバー カンパニー(Sober Company)で、どちらも上海にある。

ザ エスジー クラブ

エスジークラブは、1階の比較的カジュアルな「ガズル(ガブガブ飲む) 」とエレガントで高級感のある、地下の「シップ(チビチビ飲む)」 に分かれている。ピムスを日本風にアレンジした『ナンバーワンカップ』や、神戸牛が乗った『ワギュウマフィアファッション』、テイクアウトできるメニューなど、多彩なカクテルを堪能してほしい。

『50 Best Bars 2019』の公式サイトはこちら

関連記事
東京、ベストバー100選

アラウンド ザ ワールド
クアラルンプールのベストルーフトップバー5選
香港・ランカイフォンの深夜営業バー3選
シンガポール・マリーナベイのルーフトップバー3選

Advertising
Advertising

コメント

0 comments