SNOW SHOVELING
SNOW SHOVELING

「だったら届けますよ、本」、宅配サービスUmber Readが開始

Advertising

巣ごもりを続けていると、映画や音楽はネットで新しいものに触れる機会が比較的多いかもしれないが、電子書籍を除けば、新しい本との出合いはそうそうないだろう。そして本は、紙の手触りこそが愛おしい

スノーショベリングが4月から期間限定で始めた本の宅配サービス、アンバーリード(Umber Read)はこの欲求を二重に満たしてくれる。自分の知らない新しい本に出合えるという意味と、それが紙の匂いのする本という意味で。

スノーショベリングのスタッフNが公共交通機関を使わずに自宅まで配送してくれる。内容は、Aセット(家にいることを楽しむための3冊)、Bセット(とにかく時間があるから、せっかくなので長い物語を読んでみる3冊)、Cセット(シェフの気まぐれサラダが嫌いな店主じゃなくてNのゴリ押し3冊)、Dセット(Blinda Date With a Book、12〜15種類の本のうちから現場で選んだ覆面本3冊セット)から選べる。商品は全て古書となり、各セット2,500円(配送料込み)で、郵送も行なっている。

オプションには、無料オプションZ(スタッフNとのソーシャルディスタンスを保っての世間話サービス)、無料オプションX(スタッフNとのデリバリー記念セルフィー)が用意されている。無料オプションXからも分かるように、マスク着用とソーシャルディスタンスの徹底がポリシーだ。配送の対象となる地域は世田谷区と目黒区だが、近隣の区でも配送してくれる場合があるので相談してみよう。

この投稿をInstagramで見る

【お知らせ】ウーバーリードはじめました。(世田谷/目黒エリア) SNOW SHOVELINGのスタッフで最もアナーキーなNくんが、本の配達サービス「ウーバーリード」って読みそうになるけど、よく読むと「アンバーリード」って読むサービスをはじめました。 要はこの「自粛自粛」と要請される中(なんだよ"自粛の要請"って、自粛って自分でするもんだろうが、テメーラがやってるのは他粛だろうが)、家で暇だったり、本も買いに行けないようなこんなポイズンな環境(ヨノナカ)のなかで、「だったら届けますよ、本」というサービスです。 メニューはこれから開発予定ですが、現時点では以下の3点よりサービスインします。お店の蔵書から選書したものお届けします。基本的に信用商売です。Nくんを信用あるいは期待している人がご注文ください。以下のような物々交換も推奨しています。 例えばあなたがパン屋だったらパンオショコラを、お菓子屋だったらミルクレープを、実家から野菜がたっぷり送られてきたらベジタボーを、交渉いただければ常にケース毎に応じます。またお金が本当にない人は、無期限の手形を切りますので「いつか」でいいです。そして、もしあなたがドラッグストアの闇ディーラーだったとしてもマスクなどは受け取れません。人間としての好意の上での信用取引に限ります。 今後メニューやオプションも増やしたいと思ってます。ちなみに「アンバー」とはラテン語で「闇」という意味らしいです。つまり闇取引ですね。ウエーヘッへ。さすがアナーキストのNくん。 【ご注文方法】 ご注文はインスタグラムのDMからお申込ください。 (セット名/お届け先/配送希望日時/オプション希望等を明記下さい) Umber Readのアプリのダウンロードは以下よりどうぞ https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html ==================================================== アンバーリード ¥2,500- Aセット:家にいることを楽しむための3冊 Bセット:とにかく時間があるから、せっかくなので長い物語を読んでみる3冊 Cセット:シェフの気まぐれサラダが嫌いな店主じゃなくてNくんのゴリ押し3冊 Dセット : Blind date with a book 10〜15種類の覆面本(中身のヒントが書いてある)を、その場で選ぶ3セット 無料オプションZ:スタッフNくんとのソーシャルディスタンスを保っての世間話サービス 無料オプションX:スタッフNくんとのデリバリー記念セルフィー #UmberRead ==================================================== *価格は配送料を含みます(配送は世田谷区と目黒区が対象地域です) *お母さんの名に誓って自力でお届けします(公共交通機関は利用しません) *クレジットカードをご利用の方は事前に告知ください *よかったらアプリのダウンロードをお願いします(Power to the people!) 最後にこんなアホな行動に賛同頂ける方は、告知、拡散にご協力ください!

SNOW SHOVELING BOOKS & GALLERY(@snow_shoveling)がシェアした投稿 -

もともとは、「家で暇だったり、本も買いに行けないようなこんなポイズンな環境(ヨノナカ)のなかで、『だったら届けますよ、本』というサービス」だという。「アンバー」はラテン語の闇(Umbra)に由来し、現在の自粛要請下での闇取引という含みも持たされている。

人間としての好意の上での信用取引」で、「例えばあなたがパン屋だったらパンオショコラを、お菓子屋だったらミルクレープを、実家から野菜がたっぷり送られてきたらベジタボーを、交渉いただければ常にケース毎に応じます。またお金が本当にない人は、無期限の手形を切りますので『いつか』でいいです」ともいうように、物々交換などにも応じてくれる柔軟さだ。 

注文は、公式 Instagramのダイレクトメッセージや公式サイトからできる。スノーショベリング自体は5月6日(水・振休)まで店舗営業を行っていないが、本と人の出合いを仲介する上で、ここまで臨機応変に対応してくれる温もりのあるサービスはなかなかないだろう。興味を持ったら、ぜひ利用してみてはどうだろうか。

関連記事 

隔離生活中の誕プレはこれ?セレブからの動画メッセージが届くサービスが人気

自宅で春を満喫! Uber Eatsで届くピンクのタコス

Share the story
最新ニュース
    Advertising