Mike Tyson's birthday messages on Cameo
Photograph: KathyHutchins-Shutterstock

隔離生活中の誕プレはこれ?セレブからの動画メッセージが届くサービスが人気

作成者:
Isabelle Aron
広告

巣ごもり生活の中、バナナブレッドは散々作ったし、サワーブレッドの作り方もマスターした。体を鍛えることは諦めてしまった。することがなく、家で退屈しているのは我々だけではないようだ。今、暇をもて余しているセルブたちがこぞって登録していのがカメオ(Cameo)フレイバー・フレイブ(約2万7,000円)やケイトリン・ジェンナー(約27万円)などのセレブがリクエストにあわせてパーソナライズドされた動画メッセージを送ってくれるサービスだ。※金額は依頼額

カメオの共同創設者でCEOのスティーブン・ガラニスがRefinery29に語ったところによると、3月に同サービスへ新しく登録した著名人の数は78%も増えたそうだ。新たに追加された人の中には、エイコン(約4万8,000円)、マイク・タイソン(約5万4,000円)、歌手から女優に転身したマンディ・ムーア(約3万2,000円)などがいる。予算が限られていても、例えば『チョコレート・レイン』とう曲をヒットさせたことがあるタイ・ゾンディ(約4,000円)、『タイガーキング』に登場するジョー・エキゾチックのものまねをする人(約2,100円)など、リーズナブルな選択肢もある。全員ではないが(我々は、エイコンを気にしている)、著名人の中には自分たちの取り分をチャリティーに寄付している人もいるというのも注目するべき点だろう。

世界各地では自宅での隔離生活がまだまだ続いている。この状況で、特に多くの人にとって大切な日である誕生日をこれまで以上にクリエーティブな方法で祝うことが求められる。祝いたい相手が『ラブ・イズ・ブラインド ~外見なんて関係ない?!~』の大ファン(全キャストが登録している)であったり、ディック・ヴァン・ダイクや(ジャスティンは無理だが)イン・シンクのメンバーだったランスのことが本当に好きであれば、彼らのスペシャルな動画メッセージを誕生日プレゼントにするべきだろう。ありがちな誕生日クイズよりはきっと盛り上がるはずだ。

原文はこちら 

関連記事 

拍手の次は「モップ」、マドリードで広がる風変わりな交流

EVISBEATSらが参加するチルアウトな音楽配信チャンネルが公開

最新ニュース

    広告