Tokyo National Museum
東京国立博物館外観

オンラインで作品の見どころが学べる展示10選

外出できないとき、見逃したとき、展示に行けなくても見どころをフォローしてくれる展示をセレクト

作成者: Time Out editors
Advertising

外出が制限されて不便を感じる向きも多い中、一部の美術館は展覧会を延期していても、その見どころの一部をウェブやSNSで教えてくれる。今回は、東京都現代美術館の「カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展 もつれるものたち」展、資生堂ギャラリーの『ミン・ウォン展 私の中の私』、東京都写真美術館の『写真とファッション』展、国立西洋美術館の『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』や東京国立近代美術館の『ピーター・ドイグ展』、東京都現代美術館の『オラファー・エリアソン』などを取り上げる。

普段、作品を自分の持ち合わせを動員して鑑賞している。プロフェッショナルの学識と鑑識眼は私たちのそれとそう違うものではないかもしれないが、確かに新たな知見と見方を教えてくれる。見方が変わると世界観も変わるものだ。ぜひチェックしてみよう。

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる

アート 東京都現代美術館, 清澄

アートを介したサステナブルな世界の実現に向けた試みで、国際的に高い評価を得ているアイスランド系デンマーク人アーティスト、オラファー・エリアソンの個展。

植物や木を用いたインスタレーションをはじめ、光と幾何学に対する長年の関心が反映された彫刻、写真のシリーズ、ドローイングと水彩画、公共空間への介入をめぐる作品など、国内初公開となる作品の数々が展示される。 注目は、鑑賞者の目の前に虹を再現する初期の代表作『ビューティー』をはじめとする体験型作品や大規模なインスタレーション。エリアソンが幼少期に多くの時間を過ごしたアイスランドの自然現象を長年にわたり撮り貯めた『溶ける氷河のシリーズ 1999/2019』は、過去20年間の氷河の後退を体感させるものとなっている。地球をも超えて宇宙の脈動が感じられるだろう。

美術館の公式サイト上では、展示会場内での主な作品とスタジオ・オラファー・エリアソンによる特設サイトが紹介されている。特設サイトは英語のみだが、理解を深めるのにとても役立つ。

なお、エリアソンは、4月22日のアースデイに合わせてサーペンタインギャラリーの気候変動へ警鐘を鳴らす『Back to Earth』プロジェクトの一環として『Earth Perspective』を公開した。

9つのパターンの動画が用意され、それぞれオレンジとピンクの配色の地球上のある場所にドットが打たれている。地球の像を10秒間凝視し続け、地球が消えるとともに目を別の場所へ移すと補色効果で地球の残像が生じる。

この作品の意図は、多様な世界観の共存について考えさせることにあり、その意味で鑑賞者が残像を通して別の世界の眺めを自身で画面に投影するという仕組みなのだ。このドットは、危機に瀕しているグレートバリアリーフや世界で初めて『自然の権利』を認めたエクアドルなどに置かれている。

イメージや動画を無料でダウンロードすることも可能。詳細は、サーペンタインギャラリーの公式サイトやエリアソンの公式サイトから視聴できる。

カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展 もつれるものたち

アート 東京都現代美術館, 清澄

※新型コロナウイルスの流行により、本イベントは開催延期となりました(5月6日まで) パフォーマンス、映像、インスタレーション、写真、彫刻という表現メディアを超えて、今世界で注目されている12組のアーティストたちが集う国際美術展が、東京都現代美術館で開催。 木、種、化石、道具や本など、日々の暮らしとは切り離せない「もの」を巡る多角的な考察から、現代社会を見つめ直した作品群が展示される。 『ドクメンタ14』や昨年の『リヨン・ビエンナーレ』で取り上げられたデイル・ハーディング、展覧会のみならず各国の映画祭でも注目されているジュマナ・マナ、2018年にフリーズ・アーティスト・アワードを受賞したカプワニ・キワンガら、多数の才能ある若手アーティストが日本で初めて紹介される機会としても見逃せない。

美術館の公式サイト上で展示風景や参加アーティストの紹介を閲覧できる。

Advertising

画家が見た子ども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン

アート 三菱一号館美術館, 丸の内

※新型コロナウイルスの流行により、本イベントは開催延期となりました(3月31日まで) 開館10周年を記念して、19世紀末の前衛芸術家グループであるナビ派の画家が取り組んだテーマであった子どもに焦点を当てた展覧会が三菱一号館美術館で開催。 本展はフランスのボナール美術館の全面協力のもと、国内外の美術館および同館からボナールやヴュイヤールなどナビ派の画家の作品や挿絵本、写真など約100点が一堂に会する。ほかにも、ゴッホが、友人の娘を描いた珍しい肖像画も見ることができる。 大人びた理知的な笑みを浮かべ、柔らかな筆致で描かれたドニの子どもや、青くて意志の強そうな目をしたゴッホの子どもなど、それぞれの描き方や表情を見比べるのも面白いだろう。

ニコニコ生放送では、坂本美雨が同館艦長の高橋明也とともに見どころを解説してくれる。

Shiseido Gallery
Naoya Hatakeyama

資生堂ギャラリー

アート 銀座

資生堂によって運営されている美術館。銀座メゾンエルメス(Ginza Maison Hermès)と同様、営利目的というよりは芸術性の高い本格的な美術館。中村政人やローマン・シグネールなど、世界各国の現代アーティストの個展やグループ展、また、時にはマン・レイのようなアーティストの回帰展やファッション関連の展示なども開催している。リカルド・ボフィル設計の資生堂本社の地下にある。

現在公式サイトでは、過去の展覧会の動画を閲覧できる。『ミン・ウォン展 私の中の私』や『Las Meninas renacen de noche 森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る』なども数多くのコンテンツがアップされており、いつまでも見飽きない。

Advertising

ポーラ美術館

ミュージアム アート&デザイン 箱根

印象派などの西洋絵画を中心に、1万点を収蔵する美術館。ガラスをふんだんに使った建築で、差し込む光や豊かな緑を感じながらアート観賞を楽しめる。施設内には、2013年にオープンした遊歩道もある。遊歩道の全長は670メートルで、散策所要時間は20分ほど。四季を通じて訪れる野鳥のさえずりを聞きながら緑の中を歩けば、疲れ切った心も休まることだろう。時折、小動物も姿を見せるそうで、散歩途中に出合えたらラッキーだ。

YouTube上で、過去の展覧会の紹介動画を閲覧できる。

東洋文庫ミュージアム

ミュージアム 駒込

アジア全域の歴史と文化に関する東洋学の専門図書館ならびに研究所を持つ、東洋文庫によるミュージアム。100万冊以上に及ぶ蔵書の情報や、東洋文庫の創設者である岩崎久彌が北京駐在のオーストラリア人G. E. モリソン博士から書籍・絵画・冊子等約2万4000点をまとめて購入したモリソンコレクション、司馬遷の『史記』が展示されいてる国宝の間など、たくさんの施設が。SFX技術を使用した展示など、見所は多い。

ニコニコ生放送で、現在休館中の展示『大清帝国』展の見どころを同館学芸員とライター・エディターの橋下麻里とともに巡ることができる。

Advertising

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

アート 絵画 国立西洋美術館, 上野

世界屈指の美の殿堂「ロンドン・ナショナル・ギャラリー」が日本初上陸。200年近い歴史の中で、英国外で一切所蔵作品展を開催してこなかったコレクションがついに日本で公開される。作品は西洋絵画に特化。中でもゴッホの代表作である「ひまわり」は日本初公開の目玉だ。ほかにもモネ「睡蓮の池」、フェルメール、ベラスケス、ターナーなどイタリア・ルネサンスからポスト印象派の名だたる傑作が約60点。全作が初来日となる史上初の歴史的な展覧会だ。

YouTube上で、国立西洋美術館の学芸員が、レンブラント『34歳の自画像』に込められた意味など展示構成にしたがって、各章ごとに作品一点を解説してくれる。    

ピーター・ドイグ展
《ガストホーフ・ツァ・ムルデンタールシュペレ》 2000-02年、油彩・キャンバス、196×296cm、シカゴ美術館 ©Peter Doig. All rights reserved, DACS & JASPAR 2019 C2966

ピーター・ドイグ展

アート 東京国立近代美術館, 竹橋

イギリスが誇る現代の画家の中の画家、ピーター・ドイグの日本初となる展覧会が東京国立近代美術館で開催。初期作から最新作までが紹介される。 ピーター・ドイグはゴーギャン、ゴッホ、マティス、ムンクといった近代画家の作風を受け継ぎながら、映画のワンシーンや広告グラフィックなど多様なイメージと組み合わせ、ロマンティックかつミステリアスな風景を描くアーティストだ。その豊かな風景描写は日本のニセコのスキー場にまで至る。

ニコニコ生放送を通してアーティストの五月女哲平やキュレーターらが作品について語り合う。実際に訪れても、知らないとなかなか注目できない大型作品の細部などを映してくれるのも嬉しい。ミュージアムショップで同展のグッズなども紹介している。

Advertising
Tokyo National Museum
東京国立博物館外観

東京国立博物館

ミュージアム 上野

日本最古にして最大の博物館で11万件以上を所蔵している東京国立博物館。。正面の建物が1938年建立の本館で、日本美術と骨董品を常設展示。25部屋あり、定期的に絵画、陶器、刀、着物、彫刻などを入れ替わり展示をしている。 

現在休館中なのだが、YouTube上では作品を解説してくれるプログラムが楽しめる。現在は2月15日の釈迦の命日にちなみ、展本館3室で展示の『仏涅槃図』2作品の比較と、4月5日まで国宝室で展示予定の国宝『十六羅漢像(第二尊者・第十四尊者)』を取り上げている。

最新アートニュースを読むなら

村上隆
©️TM/KK

作品を自分の色に塗り上げよう、フリーダウンロードできる塗り絵6選

ニュース アート

長い巣ごもり生活の中、家にいても多くの人は美術作品は限られた数をオンラインで目にするだけだろう。もっといろいろな眼福を得たり、ただ見るだけでは足りないという思うかもしれない。そんな状況を応援するために、多くの美術館やアーティストが塗り絵を提供してくれている。実際に色を塗ったり、SNSで共有したりして楽しんではどうだろうか。もちろん全てフリーダウンロードできる。 村上隆 村上は「スーパーフラット」という言葉で形容される作品で知られるが、近年はコロンビアの歌手J. バルヴィン(J. Balvin)のアルバム『Colores』のジャケットをデザインした。ここでは、『COLORING WITHOUT BORDERS』プロジェクトの一環として、このアルバムジャケットに触発された塗り絵をアップロードしている。作品のダウンロードはこちらから。 奈良美智 奈良美智の展覧会『En/trance』も企画しているジャパン・ソサエティーが、奈良の塗り絵用ドローイング『夜露死苦ガール』を公開中。塗り上がったら、#JSFromHomeのハッシュタグを付けてジャパン・ソサエティーのチャンネルと共有するのも良いかもしれない。作品のダウンロードはこちらから。   ©️Yoshitomo Nara   レオナルド・ダ・ヴィンチ、モネ(大塚国際美術館) 世界的な名画を陶板で再現した作品を展示する大塚国際美術館では、名画の衣装を着せ替えられる『名画きせかえぬりえ』や、近年3つの大きな制作の段階があったことが明らかになったレオナルド・ダ・ヴィンチ『白貂を抱く貴婦人』などの名画、そのほか充実のコンテンツを塗り絵として提供。ルノワールの『ボート遊びの人々の食事』はルノワールの友人や知人が描かれている。彼らの人間模様を想像しながら塗り分けてみるのも、楽しそうだ。作品のダウンロードはこちらから。   ルノワール『ボート遊びの人々の食事』(フィリップス・コレクション所蔵)の塗り絵(大塚国際美術館)   岡本太郎(川崎市岡本太郎美術館) 川崎市岡本太郎美術館のワークショップで使われた、岡本太郎作品の塗り絵を公開中。渋谷駅にある『明日の神話』や、発表時にはそのカラフルさから「色オンチ」と評された『クリマ』など3点がアップロードされている。渋谷に行けなくても、渋谷の気分を塗り絵で思い出してみよう。作品のダウンロードはこちらから。 喜多川歌麿、伊藤若冲(岡田美術館) 岡田美術館を代表する収蔵品、2012年に再発見された喜多川歌麿の『深川の雪』を、同じ歌麿の『吉原の花』と合わせた塗り絵作品や伊藤若冲『孔雀鳳凰図』などが公開中。子ども向けと大人向けの2種類のフォーマットに分けられていて、いずれも楽しめるのも魅力だ。作品のダウンロードはこちらから。     岡田美術館、伊藤若冲『孔雀鳳凰図』、こども向け   田能村直入(山種美術館) 速水御舟『炎舞』などを所蔵する山種美術館では、『おうちで日本画』のコンテンツとして塗り絵を配信中。所蔵品の中から、田能村直入『百花』(部分 )に色を塗ることが許される。SNSに自分が塗った作品をアップすると、美術館のSNSで紹介されるかもしれない。作品のダウンロードや詳細はこちらから確認してほしい。 関連記事 『ニューヨークの著名アーティストが無料の塗り絵を公開』 『今こそバーチャルでニューヨークの有名美術館を訪れよう』 『ゴダール作品をオンラインで、独立系配給会社が配信を開始』  『ルイ・ヴィトン財団が公開、バスキアの回顧展を振り返るビデオツアー』 『モネのア

A Jean-Michel Basquiat artwork
Photograph: photocritical / Shutterstock.com

ルイ・ヴィトン財団が公開、バスキアの回顧展を振り返るビデオツアー

ニュース アート

今の生活の中でも「色」のきらめきを楽しむことができる。その機会を作ってくれるのが、ジャン=ミシェル・バスキアによる万華鏡のようなアートの数々だ。大きいこと、明るいこと、やんちゃであることの巨匠だったバスキアの最も有名な作品100点以上が、13日にルイ・ヴィトン財団美術館が公開した動画で観ることができる。 この動画は、2018年10月から2019年1月まで同館で行われたバスキアの回顧展をまとめたビデオツアー。紹介されているのは、グラフィティの先駆者としてブルックリンの裏通りでタギングをしていた頃から、突如として国際的なアートシーンへ上り詰め、文化的な象徴へと変貌を遂げるまでに生み出された作品。彼は1988年に27歳で他界するまで、文字通り短い人生の中で、これらの作品を描いた。 回顧展は美術館の広大で光に満ちた4つのフロアにわたって行われ、各展示空間はバスキア作品のテーマといえる、ストリートライフ、宗教、死に分けられている。展覧会は個人コレクションを含む、作品の一度限りの貸し出しが前例のない規模で実現したことでも話題になった。そのため、バスキアの魅力を全方位的に感じ、グラフィティスタイルの絵や迫力ある走り書きの文字など、彼独特のナイーブさを留めた作風が間近で見ることができた。 展示室の壁には、ウォーホルと並んだ自画像作品である『ドス・カベサス(Dos Cabezas)』など、バスキアの著名な作品がたくさん並べられている。逆に、この回顧展で初めて一般公開された3つの頭蓋骨をモチーフにした『ヘッズ(Heads)』などのあまり知られていない作品も楽しめる。 ビデオツアーは、ルイ・ヴィトン財団美術館のYouTubeチャンネルで公開されている。 原文はこちら   関連記事   『ニューヨーク最古のレズビアンバーが危機的状況に』 『現在の日常を映す、古書店ギャラリーの無観客展』 『自粛生活の運動不足を解消、海外のユニークなエクササイズ4選』 『自粛明けに重要な接触感染対策、専門家らによる環境消毒マニュアルが公開』 『ディープなバーチャルツアー 7選』

Advertising
美術手帖
美術手帖

「美術手帖」を大人読み、2019年分を期間限定で無料公開

ニュース アート

外出自粛でオンラインの演劇や映画などのアートに触れる機会が増えた人もいるかもしれない。だが、自宅ではアート系の書籍に触れる機会は限られている。だからこそ、読書をしたいと思う向きもあるだろう。 そんなアート好きには、アート界をけん引する雑誌、『美術手帖』をおすすめする。現在、同雑誌は2019年刊行分のバックナンバーの全ページを無料公開中だ。 バックナンバーは全6号。『100年後の民藝』(4月号)や『塩田千春』(8月号)などの興味深い特集号や、インカ・ショニバレCBE(6月号)や宮永愛子のインタビュー(12月号)、「目[mé]が考える宇宙アート」(10月号)といった、ほかではまず読めないであろう記事が盛りだくさんとなっている。 公開期間は6月14日(日)まで。詳細は公式サイトから確認してほしい。 美術手帖無料公開の詳しい情報はこちら 関連記事 『ゴダール作品をオンラインで、独立系配給会社が配信を開始』 『奥渋谷の書店、SPBSがクラウドファンディングを開始』 『ニューヨーク近代美術館が無料で学べるオンライン講座を提供』 『ルイ・ヴィトン財団が公開、バスキアの回顧展を振り返るビデオツアー』 『モネのアトリエや寝室をのぞく? バーチャルで訪れるピンクの邸宅』

Photograph: David Heald
Photograph: David Heald

今こそバーチャルでニューヨークの有名美術館を訪れよう

ニュース シティライフ

東京と同じように、ニューヨークでも美術館や博物館が臨時休館している。しかし、いくつかの施設には、まだ訪れることができる。そう「バーチャル」で。実は以前から、メトロポリタン美術館やMoMAといったニューヨークの著名な美術館や博物館はGoogle Arts & Cultureと提携し、所蔵作品のオンライン公開やストリートビューを使ったバーチャルツアーを行っている。このサービスを使うべきは、まさに今なのだ。 Netflixに飽きたら、少しバーチャルなアート散歩を楽しんでみるのはどうだろう。ここではツアーを取り組んでいるニューヨークの美術館と博物館を紹介する。 メトロポリタン美術館 メトロポリタン美術館では、約5000年の美術史を網羅する約20万点を超える収蔵品全てをオンラインで公開している。オンラインだけの企画展も展開。本館と分館であるブロイヤーのいくつかのギャラリーはストリートビューで歩くこともできる。 公式サイトはこちら ニューヨーク近代美術館(MoMA) Photograph: © 2017 Diller Scofidio + Renfro ゴッホの『星月夜』やルソーの『眠るジプシー女』など、MoMAが収蔵する傑作のうち129点をオンラインで見ることができる。ダダイスムの先駆者の一人、ゾフィー・トイバー=アルプをフィーチャーしたオンライン企画展も楽しめる。 公式サイトはこちら グッゲンハイム美術館 フランク・ロイド・ライトが設計したグッゲンハイム美術館の有名なあの螺旋回廊をストリートビューで下りながら、作品を見ることができる。さらに、印象派と初期近代美術に関してはグッゲンハイムでも最も重要な作品が集まっているタンハウザー・コレクションの展示も、ストリートビューで巡ることができる。 公式サイトはこちら ホイットニー美術館 Photograph: Ben Gancsos, ©2016 ホイットニー美術館では、主に所蔵する20世紀の作品から約60点をオンラインで公開。特に、エドワード・ホッパーやジョセフ・ステラの作品が充実している。 公式サイトはこちら フリック・コレクション  オンラインで公開されている約200点の多くを占めるのが、フェルメール、レンブラント、エル・グレコなどオールド・マスターと呼ばれる画家の作品。フリック・コレクションのエレガントな展示室がストリートビューで見られるのもうれしい。 公式サイトはこちら クロイスターズ美術館 中世をテーマにメトロポリタン美術館の分館。フランスの修道院の建築様式を模した壮大な建物へ実際に訪れているかのような気分を、ストリートビューで味わえる。 公式サイトはこちら  アメリカ自然史博物館 バーチャルツアーで、シロナガスクジラの下を歩いたり、巨大な恐竜の骨格を眺めよう。また、収蔵品からは、約2100点がオンライン公開されている。 公式サイトはこちら 原文はこちら 関連記事『シンガポール政府による感染拡大を防ぐためのコミュニケーション』

Advertising
MoMA
Photograph: Shutterstock

ニューヨーク近代美術館が無料で学べるオンライン講座を提供

ニュース アート

巣ごもり生活をきっかけに何かを学ぶのも悪くない。例えば、近現代アートについてプロフェッショナルの視点から勉強するのはどうだろうか。アート、特に近代からコンテンポラリーまでのアートは多くの情報であふれている。そうした事情もあって、作り手と鑑賞者の間には各自の背景にある教養など知的環境のギャップが生じることもある。知的な営為であるアートを見るにあたって、手持ちの知識は多いに越したことはないのだ。 その意味で、ニューヨーク近代美術館(MoMA)が4月13日に開講したさまざまなコースはとても有益だ。MoMAは既にオンラインビューイングやポッドキャストでのバーチャルツアーをアップロードしているが、今回は、『デザインとしてのファッション』『写真を通して見る』『モダンアートと諸概念』『コンテンポラリーアートとは何か』など、作品理解のためにより考え抜かれた構成だ。いずれもMoMAのキュレーターやアーティスト、デザイナーらから直接教えを請う貴重な機会となっている。 例えば、『コンテンポラリーアートとは何か』はドクメンタにも関わってきたクリスティアン・ラッテマイアーらが担当し、「今日アーティストがどのように制作しているのかに関してより深く理解でき、アクチュアルな問題や私たちの時代の問題についての多くのアプローチのうちのいくつかをも探求できる」。「テレビからインターネットまでのメディア」「権力」など5つの観点から80年代から現在までのMoMAの70以上の所蔵品を扱い、直接アーティストやデザイナーたちから話を聞くこともできる。 『デザインとしてのファッション』を担当するのは、2019年のミラノトリエンナーレも担当した、パオラ・アントネッリで、ジーンズから3Dプリンター製のドレスまでを扱い、工房見学やインタビューも含まれている。 これらはいずれも、オンラインで学位取得などをサポートするCourseraから詳細の閲覧、登録ができる。受講は無料で、新しいコンテンツは4週間ごとに更新されるので無理のないペースで学べるだろう。 関連記事 『50のギャラリーが集まる、無料のオンラインサイトが始動』 『オンラインビューイングでNYのアートギャラリーへ』

おすすめ

    関連情報

      Advertising