Tokyo National Museum
Photo: Tokyo National Museum

オンラインで作品の見どころが学べる展示10選

外出できないとき、見逃したとき、展示に行けなくても見どころをフォローしてくれる展示をセレクト

テキスト:
Time Out editors
広告

外出が制限されて不便を感じる向きも多い中、一部の美術館は展覧会を延期していても、その見どころの一部をウェブやSNSで教えてくれる。今回は、東京都現代美術館の「カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展 もつれるものたち」展、資生堂ギャラリーの『ミン・ウォン展 私の中の私』、東京都写真美術館の『写真とファッション』展、国立西洋美術館の『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』や東京国立近代美術館の『ピーター・ドイグ展』、東京都現代美術館の『オラファー・エリアソン』などを取り上げる。

普段、作品を自分の持ち合わせを動員して鑑賞している。プロフェッショナルの学識と鑑識眼は私たちのそれとそう違うものではないかもしれないが、確かに新たな知見と見方を教えてくれる。見方が変わると世界観も変わるものだ。ぜひチェックしてみよう。

  • アート
  • 銀座

資生堂によって運営されている美術館。銀座メゾンエルメス(Ginza Maison Hermès)と同様、営利目的というよりは芸術性の高い本格的な美術館。中村政人やローマン・シグネールなど、世界各国の現代アーティストの個展やグループ展、また、時にはマン・レイのようなアーティストの回帰展やファッション関連の展示なども開催している。リカルド・ボフィル設計の資生堂本社の地下にある。

現在公式サイトでは、過去の展覧会の動画を閲覧できる。『ミン・ウォン展 私の中の私』や『Las Meninas renacen de noche 森村泰昌展 ベラスケス頌:侍女たちは夜に甦る』なども数多くのコンテンツがアップされており、いつまでも見飽きない。

  • ミュージアム
  • アート&デザイン
  • 箱根

印象派などの西洋絵画を中心に、1万点を収蔵する美術館。ガラスをふんだんに使った建築で、差し込む光や豊かな緑を感じながらアート観賞を楽しめる。施設内には、2013年にオープンした遊歩道もある。遊歩道の全長は670メートルで、散策所要時間は20分ほど。四季を通じて訪れる野鳥のさえずりを聞きながら緑の中を歩けば、疲れ切った心も休まることだろう。時折、小動物も姿を見せるそうで、散歩途中に出合えたらラッキーだ。

YouTube上で、過去の展覧会の紹介動画を閲覧できる。

広告
  • ミュージアム
  • 駒込

アジア全域の歴史と文化に関する東洋学の専門図書館ならびに研究所を持つ、東洋文庫によるミュージアム。100万冊以上に及ぶ蔵書の情報や、東洋文庫の創設者である岩崎久彌が北京駐在のオーストラリア人G. E. モリソン博士から書籍・絵画・冊子等約2万4000点をまとめて購入したモリソンコレクション、司馬遷の『史記』が展示されいてる国宝の間など、たくさんの施設が。SFX技術を使用した展示など、見所は多い。

ニコニコ生放送で、現在休館中の展示『大清帝国』展の見どころを同館学芸員とライター・エディターの橋下麻里とともに巡ることができる。

  • ミュージアム
  • 上野

日本最古にして最大の博物館で11万件以上を所蔵している東京国立博物館。。正面の建物が1938年建立の本館で、日本美術と骨董品を常設展示。25部屋あり、定期的に絵画、陶器、刀、着物、彫刻などを入れ替わり展示をしている。 

現在休館中なのだが、YouTube上では作品を解説してくれるプログラムが楽しめる。現在は2月15日の釈迦の命日にちなみ、展本館3室で展示の『仏涅槃図』2作品の比較と、4月5日まで国宝室で展示予定の国宝『十六羅漢像(第二尊者・第十四尊者)』を取り上げている。

最新アートニュースを読むなら

  • アート
  • 公共のアート

無数の美術館やギャラリーが存在し、常に多様な展覧会が開かれている東京。海外の芸術愛好家にとってもアジアトップクラスの目的地だ。しかし、貴重な展示会や美術館は料金がかさんでしまうのも事実。そんなときは、東京の街を散策してみよう。著名な芸術家による傑作が、野外の至る所で鑑賞できる。特におすすめのスポットを紹介していく。

広告
  • アート

 

現在横浜のアーティストやコミュニティーのグループは、大きな美術館にとどまらず、以前にはあまり関心を持たれていなかった地域をクリエーティブなアートの中心地へと変えている。本記事では横浜のアートシーンとして最適な、いくつかのスポットを紹介していく。

おすすめ
    関連情報
      広告