メッツァビレッジ ムーミンバレーパーク

  • アトラクション
  • 埼玉
広告

タイムアウトレビュー

埼玉県飯能市の宮沢湖畔にあるムーミンのテーマパーク。大きさは東京ドーム4個分で、名前の「メッツァ」はフィンランド語で森を意味し、美術館、リゾート、公園、レジャー施設とあらゆる要素が詰まった施設の自由さを表している。

メッツァ ビレッジ』と『ムーミンバレーパーク』に分かれ、赤い屋根に青い外壁でおなじみのムーミンハウスがあるほか、北欧のライフスタイルが楽しめるメッツァ ビレッジは入場無料で、地元の人々が引き続き日常的に憩える場所となっている。

ムーミンバレーパークのメインエリアは、小説に出てくるさまざまなスポットが再現されているので、ムーミンファン必見だ。施設内には、体感モーフィングシアターや、往復約400メートルの宮沢湖面を滑空するジップライン、ムーミンたちと写真が撮れるスタジオなどの体験型アトラクションも多数あり子どもから大人まで楽しむことができる。もちろん、ショップやレストランも充実しているので土産を買うにも最適だ。

関連記事
2018年、下半期ニューオープン
埼玉でしかできない50のこと

詳細

住所
埼玉県飯能市宮沢327-6
Tokyo
アクセス
西武線『飯能』駅からメッツァ行き直行バス・メッツァ経由武蔵高萩駅行き路線バス『メッツァ』バス停 徒歩1分
営業時間
メッツァビレッジ 10時00分〜18時00分(土・日曜・祝日は19時まで)、ムーミンバレーパーク 10時00分〜17時00分(土・日曜・祝日は18時まで)

開催中

ムーミン谷のナイトウォーク イルモリノオト

ムーミンの世界を冒険するナイトウォークが、「ムーミンバレーパーク」に登場。耳元から流れるオリジナルストーリーを追体験しながら、全長約1.8キロメートルの宮沢湖畔の道を進んでいく。 サウンドにはソニーの「Sound AR™」を採用し、臨場感あふれる雰囲気を演出する。新感覚の音と一緒に、湖や森を彩るイルミネーションを見れば、非日常の体験が味わえるはず。感覚を研ぎ澄ましながら、ムーミン谷を散策してみては。

メッツァビレッジのクリスマス

北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」で、北欧のクリスマスを体感できるイベントが開催。「フードガーデン」では、米を牛乳で柔らかく煮込みシナモンがかけた甘いミルクがゆ「リーシプーロ」をはじめ、フィンランドで親しまれているクリスマス料理やドリンクを提供する。 会場には5メートルのモミの木のクリスマスツリーも設置。クリスマスカードやリース、オーナメントなどが並ぶクリスマスマーケットもクリスマス気分を盛り上げる。デンマークの幸せを運ぶ妖精、ニッセをモチーフにした木製人形「ノルディカニッセ」やフィンランドで作られた暖かい「もこもこソックス」など直輸入商品も登場し、まるで現地にいるような気分を味わえるだろう。 この冬は、北欧のクリスマスを楽しんでみては。 *11月16日(水)は「フードガーデン」は定休日

広告
関連情報