平昌オリンピック・パラリンピック観戦におすすめのスポット

ビール片手に熱くなる

オリンピック・パラリンピックが開催されている韓国・平昌は凍てつく寒さだ。競技観戦はしたいが、わざわざ日本を出て、マイナス20度の環境で選手たちを応援するのはきつい、という人は多いだろう。だからと言って、自分の家のテレビでひとり静かに観戦するのも寂しい。それならスポーツバーに行くのはどうだろう。五輪観戦をできる飲食店は珍しくないが、どうせなら迫力ある大きなスクリーンで観たほうが楽しい。タイムアウトがおすすめする都内のスポーツバーを紹介する。

東京スポーツカフェ

東京で最も歴史のあるスポーツバーのひとつ。店内には、55〜70インチのテレビが15台設置されており、世界の主要競技はすべて観られると言っても過言ではないだろう。国内外のビールやカクテルなど、飲み物も豊富。平日18〜20時がハッピーアワーだ。

詳細情報
六本木

レジェンズ

六本木で、英国プレミアリーグや米国フットボールの試合を見られるスポーツバーとして有名だ。バーにはあらゆる試合を視聴できる設備が整っており、映像は複数の液晶テレビに映し出される。どのようなスポーツであっても、注目の試合の日には、客足が増え、盛り上がる。フードメニューはアメリカンで、ピザ、バッファローウィングス、チップス&チリコンカルネなどがある。ビールは1杯1000円程度。

詳細情報
六本木
Advertising

THE FooTNiK Osaki

大崎駅前の商業施設『シンクパーク』1階にあるブリティッシュパブ。Jリーグ、プレミアリーグ、日本代表戦など、サッカーを中心とするスポーツマッチを観戦しながら、カジュアルなイギリス料理とアルコールが楽しめる。『ロンドンプライド」(1,000円)、『ギネス』(950円)などのイングリッシュエールをはじめ、樽生は約10種類。食べごたえあるビッグサイズの『フィッシュアンドチップス』(1,200円)と一緒に楽しみたい。

詳細情報
品川

目黒タバーン

外国人の舌をも唸らせるこのイングリッシュパブ。日曜日にはローストビーフとヨークシャープディングのランチもあり名物である。また、スポーツバーとして2台の大型スクリーンとフラットスクリーンTVを完備し、週末はブリティッシュプレミアリーグ、インターナショナルラグビーマッチなどをメインにF1GP、ボクシング、K1などを放映している。

詳細情報
目黒
Advertising

M-Spo Café Dining

渋谷の中心部にあるスポーツバー、レストラン。競馬をはじめ、ダーツ、ゴルフなど様々なスポーツが鑑賞できる。もちろんサッカーを見るのにも最高の場所だ。すべてのコーナーに大画面のテレビがあり、大事な場面を見逃すことはないだろう。ドリンクメニューはギネスや、カールスバーグ、各種カクテルなどが揃う。人気のスポーツイベントがある際には予約が必要になるので気をつけよう。

詳細情報
渋谷

Tasuichi

渋谷の中心にある和風スタンディングバー、タスイチは様々な料理とドリンクを、生ビール300円といった手頃な価格で提供している。この店には部屋の周囲上部にテレビが配置されていて、スポーツイベントの生中継をにぎやかな雰囲気の中で見ることができる。

詳細情報
渋谷
Advertising

Los Cabos 新宿本店

新宿駅から徒歩5分ほどの場所にある、パセラ系列のスポーツ、ダーツバー。大型プロジェクターと、50インチモニターが5台設置されており、どの席からもゆったりスポーツ観戦ができる。酒のつまみ以外にもデザート類もあり、大きなパンの塊にアイスクリームとフルーツが乗った『ハニートースト』は勧めたい。

詳細情報
新宿

体を動かしたい衝動に駆られたら...

東京、室内スポーツ施設

日々の生活で運動不足を感じたら、室内でスポーツをして汗を流そう。特集では、2017年にオープンした卓球施設やスカッシュ場、初心者から上級者まで楽しめるボルダリング施設などを紹介する。

詳細情報
By Mari Hiratsuka

コメント

0 comments