PLAY!

  • Things to do
  • 立川
広告

タイムアウトレビュー

グリーンスプリングス内にオープンした、美術館や子どもの遊び場を中心とした複合文化施設。

プレイミュージアムでは「絵とことば」をテーマに、絵本やマンガなどの展覧会が楽しめるほか、プレイパークでは、身近な素材でできた遊具を使ったワークショップや、親子で参加を楽しめるプログラムなどが開催される。

詳細

住所
東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
Tokyo
アクセス
JR中央線快速・青梅線・南武線『立川』駅 徒歩10分
営業時間
ミュージアム 10時00〜17時00分(土・日曜は18時まで、入場は閉館の30分前まで)/ショップ 10時00分〜17時30分(土・日曜は18時30分まで)/カフェ 10時00分〜18時00分(土・日曜は19時まで、L.O.は閉店の30分前まで)

開催中

「ぐりとぐら しあわせの本」展

グリーンスプリングス内にオープンした、子どもから大人まで楽しめる美術館のプレイ ミュージアム。2021年4月からの1年間は、国民的名作『ぐりとぐら』の展示が開催される。 本展では原画を展示せず、来場者自身がぐりとぐらになって絵本の中を散策することができる。四季折々の森を歩き、愉快な仲間や美味しいものに巡り合えるなど、遊び心をくすぐる仕掛けが盛りだくさん。 幼少期の思い出が詰まった本だという人も、少なくないだろう。親子3世代で楽しんでもらいたい。

柚木沙弥郎 life・LIFE

染色家兼芸術家の柚木沙弥郎による展覧会が、立川にある複合文化施設PLAY!で開催。「くらし」と「人生」をテーマに、コロナ禍で人生をいかに大切に生きるのかを、ダイナミックな展示空間を通じて探る。 本展には、柚木が1990年代から手掛けている絵本作品の原画約80点のほか、紙粘土と布を使って制作した人形や型染めされた染色作品が登場。ユーモラスで色彩豊かな作品は、鑑賞者をワクワクさせるような愉快な世界へ連れていってくれるだろう。 なお入場料には、同時開催の『ぐりとぐら しあわせの本』展の料金も含まれている。来場の際は、こちらもぜひ鑑賞してほしい。

広告
関連情報