日本博
日本博

7月から11月に行くべき文化芸術イベント

「日本の美」を体現する芸術文化に触れる

Written by Time Out Tokyo. Paid for by 日本博
Advertising

日本各地では、注目すべき美術展や文化イベントが多数開催されている。その中でも特に興味深いのは、全国各地で進行中の「日本の美」を体現する文化芸術プロジェクト、日本博に関するさまざまなプログラム。ここでは、その中から特に勧めたい7月から11月に行くべき文化芸術イベントを紹介する。

 ※新型コロナウイルスの影響により、臨時休館など情報が変わる可能性もあるため、事前に公式サイトを確認して足を運んでほしい。

日本のたてものー自然素材を伝統技術に活かす知恵
東大寺鐘楼(国宝/鎌倉時代)東京国立博物館所蔵

日本のたてものー自然素材を伝統技術に活かす知恵

アート 複数のヴェニュー

木材や土、石など自然と共存する飛鳥時代から現代までの日本の建築の流れを見られる展覧会が、東京国立博物館表慶館と国立科学博物館、国立近現代建築資料館の3会場で開催される。

日本博における建築5展の1つである本展では、建物の細部や素材の特性を精巧に再現した模型の展示、木造建築における技術の解説、建築鑑賞ツアーなどが行われ、日本の繊細な建築文化を訪日外国人も楽しみながら学ぶことができるプログラムとなっている。

また、2018年にユネスコ無形文化遺産へ提案された、「伝統建築 工匠の技:木造建造物を受け継ぐための伝統技術」に関する解説パネルも設置され、自然素材を巧みに建築空間に生かす工夫が受け継がれる伝統技術を再確認することができる。 日本の繊細な建築美を堪能してもらいたい。 

4月から7月のイベントはこちら

日本博
日本博

4月から7月に行くべき文化芸術イベント

アート

日本各地では、注目すべき美術展や文化イベントが多数開催されている。その中でも特に興味深いのは、全国各地で進行中の「日本の美」を体現する文化芸術プロジェクト、日本博に関するさまざまなプログラムだ。ここでは、その中から特に勧めたい4月から7月に行くべき文化芸術イベントを紹介する。 ※新型コロナウイルスの影響により、臨時休館など情報が変わる可能性もあるため、事前に公式サイトを確認して足を運んでほしい。

おすすめ

    関連情報

      Advertising