I, Tokyo(アイ・トーキョー)

国際的な東京人たちの生活を覗いてみよう

I, Tokyo:アマラチ・ヌオス
Things to do

I, Tokyo:アマラチ・ヌオス

この情熱的なライター兼ディレクターは、自らの映画の中でマイノリティー・コミュニティーの体験を描こうとしている。彼女が東京で送る自らのプロフェッショナル・ライフについて語る。 ー日本に来たきっかけは?最初はまだ幼い頃に、テレビや日本で育った友だちができたことを通して日本文化に触れたことで、この街に移り住む気になりました。その後、東京のファッションや若者文化シーンが大好きになり、自分自身でそれを体験したいと思うようになったのです。 だから、東京で1年間勉強できる海外留学プログラムを見つけ、6つの奨学金を受けられることになった時は、まるで宇宙が最初から私をここに来させるようとし続けていたように感じました。大学3年生の1年間を日本で過ごし、米国の学校に帰って学位を修了した後、日本語の学習とフルタイムのクリエイターとして働くために、今年初め東京に戻って来ました。 私の目標は、世界中の人々の台本のない実生活の視点をさらけ出すストーリーを展開すること。日本には明らかにする必要のある語られざるストーリーがたくさんあると感じていて、私はそれらを語る手伝いをしたいと思っています。 ー東京で暮らす黒人の体験を観察した『ブラック・イン・トウキョウ』などの映画を監督しています。その背後にあるインスピレーションは何だったのでしょうか。成長する過程で、私はアジアにいる黒人旅行者に関する独創的で刺激的なストーリーや映画をひとつも見たことがありませんでした。だからそのギャップを埋め、あらゆる職業・地位の人々とつながることのできる何かを作り出し、コンフォート・ゾーンから抜け出すことの意義を彼らに示したかった。目標は、人々がその人種や宗教、バックグラウンドに関わらず、外国へ旅行し、そこに住み、最高の自分を具体化することさえできるのだということを、直接その目で見られるようにすること。私は早い時期に、もしメディアの世界で変化を見たければ、自分で作り出す必要があるということに気付いたのです。 ー東京はあなたの映画製作のキャリアを探り、育てるのに適した場所だと思いますか?ストーリーを記録したり語ったりするのに適した場所とは、歴史や文化に恵まれ、豊富な価値を持つ場所だと信じています。日本にはその全てがある。日本は世界のほとんどの地域から隔離されているため、ここに住む多くの外国人や現地人の社会的体験に関しては、西洋や世界中の他の場所から手に入るメディアのレベルと比べ、最小限のメディアのやりとりしかなかったわけです。その魅力のひとつは、語られざるストーリーを語ることであり、もうひとつは映画撮影にとってのこの街の美しさです。東京の建築物は細部への注意が行き届いているので、ストーリーを語り、人々を視覚的に魅了し続けるための素晴らしい背景となります。 ーもしこの街の魅力的な面を撮影するとしたら、何を写しますか?それは難しい問題です。東京は広大で、選ぶべき場所がとてもたくさんあります。私は主にファッションをベースとする写真撮影に取り組んでいるので、場所を選定する時は狙おうとしている美的感覚に左右されるだろうと思います。しかし、おそらく秋葉原や中野ブロードウェイ、表参道、新宿に行くことになると思います。たくさんの選択肢を持つ大きなエリアだからです。お台場も大好きです。ほかの街とは異なる独自のウォーターフロントと産業スペースを持つエリアですよね。 ー自分は東京人であると初めて感じたのはいつ?私はこれまで常に日本の文化とファッションを愛してきたので、この街の若者の間で起こっていたことからすでに大き

I, Tokyo: マテウス・アーバンウィッツ
Things to do

I, Tokyo: マテウス・アーバンウィッツ

マテウスは、日本のアニメ映画のヒット作に関わっているマルチメディア・アーティスト。東京の街のレトロな一面に魅力を感じている。我々は彼にアニメ・アーティストとしての東京での生活について話を聞いた。 ーアニメーション文化が日本に来るきっかけだったそうですが、アニメアーティストとしての東京での暮らしはどうですか。東京は、アニメーション、漫画、イラストレーションなどあらゆる種類のアート創作に関心のあるアーティストにとって本当にエキサイティングな場所です。ほとんどのアニメスタジオがここに居を構えるため、仕事をしたり、共同作業したり、訪問したりするのに便利です。出版社との打ち合わせをアレンジするのにも都合がいいです。 私は2度、スタジオジブリを訪れるという幸運に恵まれ、現在は別のスタジオで仕事をしています。秋葉原のような街や大きな書店はポップアートの最新トレンドのショーウィンドーさながら、インスピレーションに満ちている場所です。 ーあなたは日本の昔ながらの店の店構え(『Tokyo Storefronts』)を描いています。街の消えゆく側面に魅力を感じるようになったきっかけは何ですか。レトロな店を描く仕事は私のプロジェクトのなかで最も目を引くものかも知れないですが、あくまで数ある仕事の一つに過ぎません。今は短編アニメ作品の監督と漫画の制作中です。『Tokyo Storefronts』のイラストレーションシリーズは、この街への愛情から生まれたものです。私は街をぶらぶらと散策するのが好きなんですが、東京には古い「下町」がまだ残っていると耳にして訪ねてみたのです。昔ながらの店舗のレトロで家庭的な雰囲気がとても気に入っていて、そのいくつかを描くことにしました。これがシリーズへと発展して、本の出版へとつながりました。私自身は日本人ではないにもかかわらず、郷愁を感じるほどに惹かれています。 ーあなたはヒット映画『君の名は。』(2016年)制作に背景アーティストとして参加しました。この作品の人気の秘密は何でしょうか? プロジェクトで最も難しかった部分は何でしょうか。『君の名は。』がこんなに大ヒットした理由は正直分かりません。新海誠監督は以前の作品制作から得たストーリーテリングの知識と経験をフル活用しました。また非常に優れた技術を持つ人材をチームに集め、その一人一人が最善を尽くしたことで成功が導かれたのでしょう。このプロジェクトの一員になれて本当に幸せです。 仕事量の多さは別として、自分自身の描写スタイルを調整して他のアーティストと調和を取ること、そして映画の全体としての美的感覚が始めは難しく感じられましたが、(助けを得つつ)最終的には克服できました。 ー自分は東京人であると初めて感じたのはいつ?地図を使わずに秋葉原から自宅のある三番町まで歩けるようになったときだと思う。あるいはスマホを見ずに電車に乗れるようになったときかも知れません。ようやく地元民になったと感じましたね。また、毎週のように食べに行く行きつけの店が出来た時にも実感がわきました。 ー東京に「かわいい」を感じますか?東京はいたるところにかわいい宝ものを隠し持っているのが魅力です。あちらこちらにある小さな神社、曲がり角にある可愛い店やカフェ、日本庭園や川。私が好きなのは古い看板、倉庫として使用される建物と建物の間にある狭いスペース、バスの停留所に無造作にならぶベンチ、そして人間の存在です。圧倒されることもあれば、癒しを感じることもあります。 ー東京以外の都市をひとつだけ選んで描くとしたら、どの都

I, Tokyo:ヴィクトリア・クローズ
Things to do

I, Tokyo:ヴィクトリア・クローズ

ヴィクトリアは下北沢を拠点とするアクセサリーデザイナー。日本のビンテージ製品の大ファンでもある彼女が、日本文化に対する熱い思いを語る。 ー東京に初めて来たのはいつですか。最初は、1990年代にJET(外国青年招致)プログラムで日本に来て、一年ほど埼玉に住んでいました。日本を離れてからは、アジアや南米を旅して、そして何年かはイギリスの下町で学校の教師をしていたわ。 郷里に帰ってみたら日本が恋しくなってしまって。逆カルチャーショックとでもいうのかな。それで戻ってきて、東京のインターナショナルスクールで働いたんです。2人の子供が生まれるまで12年間そこで教師をしました。 ー日本の素材からインスピレーションを得ているみたいだけど、それはどうして?侘び寂びという思想に興味があって、それでどこか不完全なところのある素材を使うとインスピレーションが得られるってわかったんです。私のデザインにはたいてい非対称な要素がある。ビンテージの着物生地でイヤリングを作るときだって、素材は同じでも明確な違いのあるパーツをふたつ慎重に選ぶの。左右が対ではあるけど完全に同じじゃない、と強調するわけね。 日本に住むことがあなたのデザインに影響を与えている?私はビンテージおたくだし、「もったいない」の精神を信奉しています。宝飾デザインに使う素材は、ビンテージショップや骨董マーケット、あるいは神社の販売会で探すんです。着物、帯、帯締めのコレクションを譲っていただくことも。 何が見つかるか分からないということの楽しさや、そこで見つかるいくつもの素晴らしい物、出会える興味深い人たちからインスピレーションをもらうんです。ビンテージの街として有名な下北沢に住んでいることはありがたい環境です。身のまわりで目にするものや、この街にいるビンテージ好きの知り合いたちから日常的に影響を受けているわけですからね。 ー生け花の先生の資格を持っているそうです、日本の文化を教えるってことにどう向きあっていますか? 自分なりの方法を開発しているんでしょうか。草月流いけばなの勉強をしていたとき、それを日本語で学ぶということが私にとっては重要だったの。生け方の説明を日本語で聞くことで、その美学をいっそう深く理解することができる気がしたわけです。 教えることについて一番大切な部分というのは、日本での学びの過程を説明することでした。武道や書道・着付け・茶道でもその過程は同じ。陳腐に聞こえるかもしれないけれど、でも最初は決まった順序で基本的な型を身につけて、自分を認めてもらわなくてはならない。それを満たすことで、初めて次は自分の創造性を披露する資格が得られるんです。 ー自分が東京人だと初めて感じたのはいつ?東京の中でもいくつかの場所に住んだけれど、自分の地元はここなんだなあと感じたのは下北沢に引っ越してきてからですね。ここではみんな身内みたいなもの。にぎやかな村って感じで、巨大な都市に住んでる気がしない。 ー東京では冬の間どうやって過ごしているの? 日本の冬で好きなところは何?東京の青く澄んだ空と日差し、そして爽やかに乾燥した冬の気候は元気の素よ。作業場の隅々まで日がさして空気も冴えてると、仕事の能率も上がるの。着物の色合いだって冬の太陽を浴びるとどこか鮮やかに見えるし。 ー最後に、海外から来る人のために、東京の冬を生き抜くためのヒントがあれば。強力なハンドクリームとリップクリームと手袋を持ってきてね。それからサングラスも。

I, Tokyo:ヨルゲン・アクセルヴァル
Things to do

I, Tokyo:ヨルゲン・アクセルヴァル

写真家兼アーティストであるヨルゲンが、東京の印象とそこでの生活について、芸術家の視点から語る。 ーニューヨーク市での15年を経て、2011年に東京に引っ越されましたね。同年には大震災が日本中を震撼させましたが、その渦中に東京を新たな住まいとして選んだのはなぜですか?東京が大好きだったからです。私の飛行機が着陸、いや着陸を試みたのは、2011年3月11日、東日本大震災が発生したまさにそのときでした。飛行機は成田空港の滑走路に接地した直後に再び離陸を行い、それからしばらくして横須賀基地に着陸しました。機内で10時間待機させられた後に、ようやく羽田空港で降りることができました。日本での生活は波乱に満ちた始まりでしたが、被災者の方々のことを思えば、何でもないと思います。 ー初めて東京人になれたと感じたのはいつですか?個人的に心から感じたのは来日後すぐのことでした。大震災の直後に来日したからだと思います。当時は外国人居住者の多くが日本を離れ、訪日客の数も激減していましたから。ひとりの芸術家としては、都内の複数のギャラリーで自分の作品を展示したり、日本国内で自分の本が出版されたときに、東京都民になれたと感じました。自分を都民と呼ぶ「法的な資格」を得たのは、在留カードを取得して、日本で税金などを払い始めた日のことです。 ー主に写真家として活動されていますが、写真の題材として東京をどう思いますか?東京はもともと、美しい街ではありません。戦後建築の多くは醜いと思います。しかし、東京には素晴らしい魅力もあります。私はパークハイアット東京の建物を約7年間撮影していました。そこで撮れた写真は、国立新美術館で展示され、本として出版もされました。今でも毎日新しく興味深いものとの出会いが続いています。良くも悪くも東京は変化を続けており、どちらにせよ、インスピレーションを与えてくれる街なのです。 ー東京に移られて7年になりますが、自分の中で変化したことはありますか?また、その変化は仕事に影響を与えていますか?東京のおかげで、人柄が良くなりました。ニューヨークは活気に満ち溢れていて大好きな都市ですが、そこは怒りや自己中心さが蔓延する場所でもあります。東京はニューヨークよりゆったりとしていて、はるかに親切です。集中して仕事を片付けるのに適した場所です。私の芸術様式は来日時にすでに確立されていて、それ以来、核心的な部分は大して変化していません。もちろん、ときには無意識のうちに、日本文化による影響も受けることもあるでしょうが。日本の美意識は、私の作品にほとんど影響を与えていません。 ー日本の美意識で一番好きな点は?侘びと寂びのコンセプトが好きです。不完全を受容し、その価値を認めるという考え方です。侘び寂びの意味を知る前から、ずっと写真で目指してきたものです。 ー友人が日本に来たら、東京のどこに連れて行きますか?東京で本当に素晴らしいと思うのは、ぶらぶら歩きまわって、街とその人々を眺めるだけで良いという点です。サイクリングをしたり、自転車に乗って誰かに街を紹介する場所としては、これまで住んだ中で東京が一番です。 ー最後になりますが、海外から来た人のために、東京で生き抜くための知恵などありませんか?いつも楽しくポジティブに。ここは何もかもが違います。全く違います。でもそれだけです。違うからといって、間違っているとは限りません。ほとんどの人はある時点で不満を抱くでしょう。私も以前は不満が爆発していたし、今でもたまにそうなります。しかし、努めて状況を笑い飛ばすことにしました。意識