東京の結果と住人からの声

東京で暮らす人々の本音とは

タイムアウト東京 > トラベル > 東京の結果と住人からの声

タイムアウトの都市ランキングでは、世界で最も素晴らしい都市を調査するため、2016年10月に世界18都市の2万人に81の質問を実施した。この記事では、東京についての結果を紹介する。残念ながら東京は、フード&ドリンクやコミュニティ、社交性、 金銭面などの6つのカテゴリーで喜ばしい結果を出すことはできなかったが、そこからは東京人の本音と問題点が見えてきた。

・満足感やインスピレーション

東京は住みやすいと言われているが、愛着を持っている人は少なく「東京に住むのが好き」と回答したのは40%で、「活力に溢れ、生き生きと暮らせる」に強く同意するのは31%ほどだ。「東京にあるものを最大限活用している」と答えたのが最も低い16%だというのを考えると、人々は忙し過ぎるのかもしれない。

・飲食と探索

東京に住む人は、バーやレストランにあまり訪れないという驚くべき結果が出ている。この評価から、レストランなどで提供される高い水準のものを反映していないことが分かる。「素晴らしいバーがある」と答えたのは26%。また、ワンコインでも満足な食事ができる印象もある東京だが、今回は物価が高いという声が多く「安くて美味しいものが食べられる」と答えたのは9%であった。

・仕事と生活のバランス

就業時間は週に平均43時間という結果がでた。これより長い労働時間で働いているのは、ドバイ、シンガポール、香港である。都市のなかでも、東京の人々は仕事に対してストレスを強く感じており、「仕事がストレス」に44%が同意している。満足と答えたのは35%で、これより不幸せと回答したのは、マドリードだけだ。

・親切さ

東京は排他的ではないが、新しい友人を作ることは容易ではない。また、パートナーを見つけるのも困難で「とても簡単」に同意したのは6%だ(社交性ランキングでは8位)。東京の住人は、オンライン上の友人 (55%) や現実の友達 (10%) と頻繁に接する可能性も最も低く、恐らくそれも忙しさのせいだろう。

・物価

物価については、18都市のなかで最も高く、最下位の18位にランクイン。「東京で理想のライフスタイルを実現させるだけの余裕がある」と答えたのは7%だけで、「月末になってもお金が残っている」と答えたのは10%だけだ。

・SNSの規模

オンライン上の友人の数は平均わずか340人と比較的少数だが、実生活で平均16人ほど友人がいると主張することでこれを補っている。これより若干上回った都市は、シドニーとメルボルンのみだ。

・快楽と娯楽

東京は明らかに快楽主義ではなく、最もセックスをしない。 しかし世界のどの都市より夜型人間が多く、人々は日の出まで起きている。彼らは一体何をしているのだろう。 一晩中働いているのだろうか。

 

そのほかの結果…

タイムアウトの都市ランキング、結果発表

タイムアウトの都市ランキングでは、18都市2万人の読者に彼らの都市を以下の6つの特性で評価してもらった。 ・ダイナミズム(エキサイティングな人生を送っていると感じるか)・インスピレーション(満足感や住みやすさについて)・フード&ドリンク(高額の料金を支払わなくても美味しい食事ができるか)・コミュニティ(個性豊かな地域として人々に評価されているか)・社交性(誰に対しても友好的な環境か、人々を孤立させないか)・経済面(金銭的に問題なく暮らしていけるか) 最終的に各カテゴリーのスコアは一括され、ランキングの全体評価となる仕組みだ。ここでは、その結果を1位から18位までのランキング形式で紹介する。

By Guy Parsons

世界で最も楽しい都市を発表

タイムアウト都市インデックスでは、世界で最も楽しい都市を調査するため、2016年10月に世界18都市の2万人にインタビューを実施した。このアンケートの結果から、住んで最も楽しい都市や、都市ごとの違いについての多くの発見をしたので、その結果をここで発表しよう。 おしゃべり好きの町 通りすがりの人とも楽しく語る人が多いのはシカゴだ。今回、北米からは4都市が調査対象になり、そのすべてが話好きのトップ4にランクインしている。人付き合いが苦手ならば、話し好きではない都市トップ2のシンガポールかメキシコシティーがいいかもしれない。 食べ物にうるさい町 体重を気にしているのなら、ロサンゼルスを勧める。ロスの住人は健康に気を遣う人が多く、16%の人がカロリーの計算をしており、45%の人がダイエット中だ。 また、舌の肥えたグルメな人にはマイアミがおすすめ。料理が気に入らないときに突き返すという人の割合が28%と、他の都市に比べて抜きん出ている。 逆に、最も食べ物にうるさくない町はリスボン。カロリー計算をする人、ダイエット中の人、そして料理を突き返す人の割合が一番低いという結果が出ている。そして、同じヨーロッパにあるパリ、マドリッド、そしてバルセロナが、僅差でリスボンに続く。バルセロナといえば、昼食時の飲酒に最も寛容な都市で、昼食時に飲酒をする人の割合は69%に上っている。 そして、料理を味より目で楽しみたいという人は東京へ行こう。東京では48%の人が食べたものを日常的にSNS上でシェアしており、その割合は各都市でもトップ。一方、料理をシェフに突き返したことがあると答えた人の割合は4%に留まる。 甘い恋の町 リスボンでは38%の人が「町で出会いを求めるのは簡単だ」と答えている。他の都市でそう答えた人の割合は7%と率直に言って悲惨な状況であることを考えれば、これは驚くべきことだろう。 恋人を探している独身のアメリカ人に目を向けると、誰かとデートするのは「結構楽しい」と答えた人がわずか6%。さらにニューヨークでは4%と、ワースト1位の結果である。 このような風潮はシカゴには縁のない様子で、先月少なくとも1回デートに行った人の割合が一番高かった。 南に目を向けてメキシコシティーでは、デートを楽しんだ独身者の割合は48%という結果に。2人で一夜を過ごしたという割合も40%と、各都市平均の28%に比べて高くなっている。 飲んべえの町 今週パブに行ったという人が一番多かったのはパリ、二日酔いになった人が一番多かったのはロンドンだった。 しかし、そんなロンドンっ子は、二日酔いにも負けず朝にはきちんと起きている様子だ。一方、羽目を外して仕事に遅れる人が最も多かったのはクアラルンプールである。 そして、深夜のナイトライフに目を向けると、マドリッドでは他の都市に比べて2倍の人がクラブに行っている。また、日が昇るまで夜をとことん楽しみたいという人には東京がおすすめだろう。 熱い一夜を過ごす町 パリは恋人の街とは言うが、フランスに住む人は、他の都市に比べるとセックスの回数が1/3以上多いという結果が出ている。それでも週1.6回と、現実的な数字だ。さらに初デートでセックスをするという人の割合は64%だ。 少し視点を変えると、ここでもメキシコシティーの名前が出てくる。53%の人が先月新しい相手と寝たと答えているからだ。 さらに火遊びの度合いを強めていくと、一夜限りの関係を持った人が最も多いのはシドニー、さらにバルセロナでは、オフィスでの

By Guy Parsons
Advertising

世界で最も楽しい都市はシカゴに

2万人が参加したタイムアウトの都市ランキング。世界の最も楽しい都市となったのはシカゴだ。優等生都市のメルボルンを筆頭に、そのほかの都市を退けトップの座に至ったシカゴは、そこに住む人々に喜びを与えるとともに、常に彼らを熱狂させ続けている街のようだ(ちなみに、我々はシカゴ・カブスがワールドシリーズで勝つ前にこの調査を行っている)。シカゴがナンバーワンになった秘訣を以下に紹介する。 フード&ドリンク レストランやバーの分野で最高評価を得たシカゴ。回答者のうち88%がこの都市のレストランは素晴しいと答え、また73%はシカゴのバーについても同じ意見であった。Alineaのような最高級レストランだけのことでなく「どこに行っても美味しく食べられること間違いなし」と、ほかのどの都市よりも多くの人々が答えていた。 歩き回る甲斐のある都市 質の高い様々なものが地区のあちらこちらにちりばめられている街は、住むのにとても面白い場所ということだ。シカゴは「自宅から徒歩圏内に素敵な場所がある」で1位に、また「都市の異なる地域をぶらぶらするのが好き」という分野では2位となった。 経済面 インスピレーションで上位となったライバル都市が経済面のスコアで苦戦する一方、シカゴは財布にも優しい街であるようだ。シカゴでは「自分の望むライフスタイルで生活をすることが可能」と26%の人が答え、また「月末に手持ちの現金を残せる」の質問には25%の人が現金を残せると答えた。その割合は我々が調査したどの都市よりも多いものだった。 地域の平均給与に対する夜の外出にかかる費用は、シカゴが我々の調べた全都市中で最も安く、週の収入の4.5%であった。ちなみに、そのほかの都市は7%である。 また「安心できる収入」として、ニューヨークやロンドン、シンガポールといった都市の人々は平均賃金よりも20%高い金額を提示するのに対し、シカゴの人々が示した金額は平均賃金よりも10%低いものであった。 良い時代に任せておけ 魅力的なThings to doがふんだんにあり、また、それを楽しめるだけの金銭的余裕がある。シカゴの人々は毎日を楽しく過ごすのに文句なしの位置取りだ。 また、彼らは我々の選んだ「出かけたい都市」の上位4都市のなかに住んでいるうえに、ひと月に6.4回夜の街で遊んでいる。さらに、回答者の42%がその都市を存分に楽しんでいると強く感じているようだ。この点でも、やはりランキングの頂点として揺るぎない。 シカゴの秘密とは? このほか、一体何がシカゴに対する愛着を生み出しているのか。また、このネットでのアンケートに快く応じて熱心に前向きな回答を残すほど、何が彼らを良い心持ちにしているのであろうか。 我々はこのアンケートを通し、シカゴに住む回答者たちの63%が1週間のうちにほかの所から来た人と会話を交わしたということも発見した。これは、「1週間でほかの所から来た人と会話をした」と回答した人が40%だった寡黙なロンドナーに比べて遥かに多い。また、シカゴの人々の方が現在付き合っているパートナーや、付き合う見込みのある相手とより頻繁にデートに出かけているという結果も出た。 そのほか、東京では35%の人しか良いと回答しなかったワークライフバランスの幸福度についても、シカゴは最も評価が高い(58%が良いと回答)。また、彼らはほかのどの都市の人よりも頻繁にジムを利用しているようだ。最後に、シカゴの人々はどの都市よりも夜明けまで起きている回数が少ない。このことからシカゴは、適度に

By Guy Parsons

よい都市の5つの条件と、3つの要素

タイムアウト都市ランキングでは、世界で最も素晴らしい都市を調査するため、2016年10月に世界18都市の2万人に81の質問を実施した。この記事では、上位に輝いた都市とそれ以外の都市の違いを見て行こう。 1.エキサイティング 素晴しい都市は賑やかである。 トップ5の都市、シカゴ、メルボルン、リスボン、ニューヨーク、マドリッドは、「元気とインスピレーションを与えてくれる都市」でもトップに入る。一方、18位のクアラルンプールは、インスピレーションの順位が最下位であった。 可能性を感じられるような場所であれば、シティライフにつきもののストレスや負担に対して寛容になれるのだろう。また、ニューヨークで暮らすのを「楽だ」と答えたのは10人に1人以下の割合で、全体のランキングで4位に位置している。 そして、よい都市は常に進化を続けていると言える。そのなかでサンパウロの順位は7位、パリは15位に留まった。両都市の文化的水準の順位は大差ないのだが、いつも何か新しいことができると答えた人の割合がサンパウロでは70%、パリでは44%という結果が出ている。 2.料理が美味しい 美味しい料理が素晴しい都市を作るのか、はたまた素晴しい都市がよいシェフを生み出すのか。答えがどうであれ、バーやレストランの順位は全体のランキングとほぼ完全に一致している。 ランキング1位のシカゴ、そして2位のメルボルンは、「素晴しいバー」と「素晴しいレストラン」ランキングでもトップだ。 3.探索が楽しい 都市中心部の周辺地域がバラエティー豊かで特色があるのも重要な要素のひとつ。良い場所に住むことができ、ダウンタウンに飽きたという人にも新しい発見のチャンスがあるからだろう。 4位のニューヨークと、1位のシカゴは町の各地を探索するのが好きな住人が多い町のトップに入った。12位のマイアミと14位のシンガポールは、楽しめるスポットが徒歩圏内にあまりないことから地元への関心や、ほかの土地への興味が薄い。 4.気持ちに余裕が持てる かつてシティライフは「しっかり働き、しっかり遊ぶ」ライフスタイルだと考えられていたが、今ではワークライフバランスを保つことがキーとなる。 労働時間の差はわずかであっても無視できない要素で、トップ6の都市はワースト6の都市と比べて労働時間が週3時間短かった。また、都市ごとの平均労働時間とワークライフバランスの満足度は関連がないということも分かっている。 残業があればそのマイナス効果は絶大で、終業時間が予測できなければ遊びの計画を立てるのは難しく、ドタキャンされるのは誰だって嫌なものだからだろう。17位のドバイでは45%の人が時間外労働をしていると回答。マドリレニアン(ランキング5位に入ったマドリッド出身者)は28%に留まっている。 5.フレンドリー 人口が多い場所で暮らしながらも一抹の寂しさを感じる。シティライフはこの点で一種のパラドックスを抱えている。だからこそ赤の他人が見せてくれる笑顔は大きな意味を持つのだろう。 他人に積極的に話しかけていく都市1位のシカゴは、人付き合いの少ない13位の東京と比べて順位が高い。さらに、友人が作りやすいランキングに入った上位4都市である、メキシコシティー(6位)、マドリッド(5位)、リスボン(3位)、そしてサンパウロ(7位)は総合ランキングでも上位に食い込んだ。 そのほか3つの要素 1.生活費の安さ 生活費が高い大都市もあるが、だからといってランクを落とすということはないようだ。ニュー

By Guy Parsons
Advertising

コメント

0 comments