今日しかできないこと:3月12日(火)

スイーツで春を感じる。ー3月12日はスイーツの日
桜香るストロベリー アフタヌーンティー
作成者: Time Out Tokyo Editors |
Advertising

スイーツで春を感じる。ー3月12日はスイーツの日

「ス(3)イ(1)ーツ(2)」の語呂合わせから、3月12日はスイーツの日だ。今日はホテルや洋菓子店で販売されている、期間限定の桜スイーツを味わいながら春の訪れを満喫してみてはいかがだろう。特集記事『東京、花見イベント2019』では、定番の花見スポットでのイベントから夜桜鑑賞、桜スイーツまでを紹介しているので参考にしてほしい。

東京、花見イベント2019はこちら

タイムアウト東京が注目する新着イベント

アート

アウトサイドに生きる。

icon-location-pin Gallery AaMo, 水道橋
icon-calendar

櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展

アウトサイダー・キュレーターの櫛野展正(くしの・のぶまさ)による、展覧会が東京ドームシティのギャラリー アーモにて開催される。アウトサイダー・アートとは、一般的には美術の教育を受けていない人々の創作のことだ。本展では、櫛野がキュレートした、アウトサイドな表現者の作品を楽しむことができる。 展示されるのは、おびただしい数のクワガタやカブトムシなど、様々な昆虫を用いて千手観音像を制作する稲村米治(2017年没)の作品や、「カラフルおじさん」と呼ばれている富松義孝の作品ほか。「シルバーアート」や「ヤンキー文化」に視点を置いた作品群だ。また、東京の外れにあるピンクの一軒家「あさくら画廊」のオーナーの辻修平が毎日ライブペインティングを行う。隠れた芸術家たちの作品を堪能してほしい。

Things to do

和牛の魅力を再発見する。

icon-location-pin 日比谷公園, 日比谷
icon-calendar

東京和牛ショー

日本各地のブランド和牛が味わえる肉の祭典が今年も開催される。今回で4回目となり、去年は13万8千人を動員した日本最大級の和牛のイベントだ。そもそも和牛とは、日本古来の種を長年かけて交配品種改良した牛種のこと。柔らかさ、芳醇な味わい、しつこさのない脂が味の特徴である。日本国内で飼育された牛の総称である国産牛とは意味が違うのだ。今回は、日本各地から14のブランド牛が集結し、24店舗が出店する予定。店では食べることのできない、本イベント限定メニューも提供される。和牛の魅力を再発見できるかもしれない。

Advertising
ショッピング

服作りは日暮里で始める。

icon-location-pin 日暮里繊維街, 日暮里
icon-calendar

​日暮里繊維街 スプリングセール

80軒以上の生地織物店が並ぶ日暮里繊維街では、年に4回セールを開催。今回は春の大売り出しで、値打ち品などを手に入れることができる。和装、洋装向けの生地だけではなく、服飾小物や付属品も揃う。服飾のプロはもちろん、趣味でハンドメイドを嗜む人でも、欲しいアイテムを見つけることができそうだ。セールに内容は店舗によって異なるので、事前に知りたい場合は加盟店に直接問い合わせが必要。

そのほか、本日開催されるイベントの一覧はこちら

More to explore

Advertising