今日しかできないこと:11月10日(土)

今日はモクテルにする。ー11月10日は断酒宣言の日
ブルガリ イル・バール
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

今日はモクテルにする。ー11月10日は断酒宣言の日

1963(昭和38)年のこの日、全日本断酒連盟の結成記念大会が開かれたことから、今日は断酒宣言の日。「November」を「もう飲めんばー」、10日を「酒止(10)まる」とした語呂合せでもある。今日は、『東京、モクテル10選』をチェックして、ノンアルコールカクテル「モクテル」を飲みに行こう。モクテルは、アルコールをベースとしないだけに、バーそれぞれの特色を生み出しにくく、バーテンダーにとってもチャレンジングな一杯である。特集では、美味いモクテルが味わえる店を紹介しているので、参考にしてほしい。

『東京、モクテル10選』はこちら

タイムアウト東京が注目する新着イベント

Things to do

花の妖精と出会う。

icon-location-pin 新宿サザンテラス, 新宿
icon-calendar

新宿テラスシティ イルミネーション

昨年は新宿をピンク色に染めた、恒例のイルミネーションが今年も開催される。今年のテーマは、「BE CONNECTED!」。花をテーマした多彩なイルミネーションが点灯。新宿駅西口から南口の各箇所には、花の妖精をモチーフにしたフォトスポットも登場する予定だ。

アート, 絵画

ムナーリの思考をなぞる。

icon-location-pin 世田谷美術館, 用賀
icon-calendar

ブルーノ・ムナーリ――役に立たない機械をつくった男

2018年4月に神奈川県立近代美術館葉山で開催されたブルーノ・ムナーリ(Bruno Munari)の展覧会が、いよいよ最終会場の世田谷美術館に巡回。20世紀イタリアを代表する美術家でデザイナーのムナーリは、絵画や彫刻、グラフィックデザイン、インダストリアルデザインなど、幅広い分野で活躍した。70歳を過ぎる頃には、子どものための造形教育にも力を入れていたムナーリ。絵本をはじめとした著作物は、今なお日本でも非常に高い人気を誇っている。本展は、ムナーリが1985年に東京で行った子どものためのワークショップにヒントを得て、「子どもはすべての感覚で世界を認識している」、「どんな素材にもファンタジアへのヒントがつまっている」など、ムナーリの考え方を基にしたパートで構成されている。

そのほか本日開催されるイベント一覧はこちら
Advertising