0 Love It
保存する

今日しかできないこと:7月10日(日)

納豆アイスで涼む。 ー7月10日は納豆の日

納豆アイスで涼む。 ー7月10日は納豆の日

7月10日は、『なっ(7)とう(10)』の語呂合わせから、1981年に関西納豆工業共同組合が制定した納豆の日。日常の健康食として食卓に欠かせない納豆だが、さらに納豆を楽しみたい人におすすめの店舗が、納豆工房 せんだい屋だ。通常の納豆をはじめ、納豆のふりかけやドーナツなど、色々な形を提案している。暑い季節にぴったりなのが、店オリジナルの『納豆屋さんの納豆アイス』。アイスにはひきわりのような納豆がたっぷり練り込まれており、味も香りも納豆そのまま。絶妙な甘さと納豆がマッチする、夏の不思議な味わいだ。また、今日は納豆詰め放題イベントも開催される予定なので、納豆好きは絶対に足を運びたい。

納豆工房 せんだい屋の詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

生まれ変わったら看板猫になる。

パブリックキャット 第24回

テキスト:Shiori Kotaki、写真:Kisa Toyoshima
北千住駅西口を出てすぐのところに広がるディープな飲み屋街。居酒屋や少々怪しげな店が所狭しと並ぶこの横丁の小道を少し入ったところに、可愛らしい一軒の花屋がある。女性店員が優しく迎え入れてくれる同店の店先には、色とりどりの花やレモン、ブルーベリーなどの苗木が並んでおり、飲み屋街を抜けてきたとは到底思えない癒しの空間だ。しかし、同店の癒しポイントはこれだけではない。ここdecoraは町中の人々から愛されるアイドル猫、ホネも店頭に立つ花屋なのだ。

詳細情報
By Shiori Kotaki

全国制覇する。

夏フェスガイド(2016)

定番の大型フェスから山奥でひっそりと行われるイベントまで、今年の夏おすすめの野外音楽フェスティバルを紹介。黙々と踊りたい、キャンプの合間に音楽が聴きたい、時間を気にせず開放的になりたいなど、自分の理想の楽しみ方にマッチする夏フェスを見つけてほしい。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

東京のフードシーンを知る。

2016年上半期ニューオープン5選

テキスト:Sarah Crago 東京のフードシーンの変化は早いが、毎月そこら中にオープンする新しいレストラン、カフェやショップをすべて調べマークするのはほぼ不可能だろう。その手間をかけずに最新の店舗情報を知りたければ、このニューオープンまとめが役に立つはずだ。2016年1月から6月までにオープンした最もホットな店は次の通り。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors
Advertising

コメント

0 comments