今日しかできないこと:5月29日(火)

歯ごたえを楽しむ。ー5月29日はこんにゃくの日

歯ごたえを楽しむ。ー5月29日はこんにゃくの日

529日は、全国こんにゃく協同組合連合会が制定したこんにゃくの日。日付けは、種芋の植えつけが5月に行われることと、「こ(5)んに(2)ゃく(9)」の語呂合わせから。今日は、自家製こんにゃくを味わえるこなから本店を紹介しよう。同店は、御茶ノ水にある創作おでん料理店。手作りしたおでんの種を煮込む、特注のひょうたん型の大鍋が名物だ。種の中で店自慢の自家製こんにゃくは、卵黄と出汁を練り込んであり、普通のこんにゃくとは違った肉のような歯ごたえを楽しめる。新感覚の味わいが人気のメニューなので、売り切れる前に注文しよう。

こなから 本店の詳しい情報はこちら

タイムアウト東京が注目するイベント

映画は夕暮れに見る。

湖畔の映画祭

美しい自然の中で楽しめる野外映画祭が、富士五湖のひとつである本栖湖にて開催される。毎年、インディペンデント映画の作り手と地域住民が、力を合わせて行っている。日中は、ライブやDJパフォーマンスが行われ、日が落ちた時間帯に映画の上映が始まる。

詳細情報
本栖湖キャンプ場 2018年7月27日 - 2018年7月29日

なんでも鑑定団に感謝する。

長谷川利行展 七色の東京

画家、長谷川利行(はせがわ・としゆき)の展覧会が、府中市美術館にて開催されている。大規模な回顧展は実に18年ぶりで、今回は近年発見された『カフェ・パウリスタ』や『白い背景の人物』も出品されている。長らく行方知れずだった前者は、視聴者の家に眠っている古美術品などを鑑定するテレビ番組『開運!なんでも鑑定団』で再発見され、東京国立近代美術館に買い取られたという作品。絵を売った金で酒を飲む、その日暮らしの生活を送っていた長谷川らしいエピソードだ。カフェの女給や芸人、質屋の子守といった無名の人々を、奔放なタッチで描いた長谷川の絵をぜひ見てほしい。

詳細情報
府中市美術館 , 府中 2018年7月8日 まで
Advertising
そのほか本日開催されるイベント一覧はこちら

コメント

0 comments