今日しかできないこと:5月14日(日)

ガーリーな世界を知る。ー5月14日は映画監督ソフィア・コッポラの誕生日

(c)2005 I Want Candy LLC.

ガーリーな世界を知る。ー5月14日は映画監督ソフィア・コッポラの誕生日

5月14日は、『ロスト・イン・トランスレーション』や『SOMEWHERE』などの作品で知られる映画監督ソフィア・コッポラの誕生日。今日は、ガーリーカルチャーをけん引してきたコッポラの世界を知りに、シネマ ブルースタジオに出かけよう。同映画館では2017年5月16日(火)まで、『ソフィア・コッポラ監督 特集』を開催している。上記2作品を含めた代表的な4作品を上映しているので、まだ彼女の作品を観たことがないという人は、ぜひ足を運んでほしい。

『ソフィア・コッポラ監督 特集』の詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

ポスト2020を創る。

2020年までにクリアすべき課題、つかむべきチャンスとは。OPEN TOKYO Talkをレポート

障がい者や高齢者、LGBT、外国人など、マイノリティを含むすべての人が楽しめる都市・東京を実現するためにスタートしたプロジェクト「OPEN TOKYO」。タイムアウト東京と日本経済新聞社クロスメディア営業局が共同で制作、創刊したタブロイド紙『日経マガジンFUTURECITY』(日本語)は、「OPEN TOKYO」をテーマに、小池都知事やパラリンピアンの谷真海へのインタビューなどを収録した一冊だ。 同紙の発行に続き、各分野の有識者が意見を交わすトークセッション『日経マガジンFUTURECITY セミナー OPEN TOKYO Talk』が開催された。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

都心の屋上で夜景と酒を嗜む。

東京、ルーフトップバー10選

屋外で酒を飲むのに気持ちが良い季節がやってきた。この特集では、都心にあるテラス席で美しい夜景を眺めながら美味しいカクテルが味わえるラグジュアリーなバーから、秘密基地のような隠れた名店を紹介する。日々の喧騒から逃れ、落ち着いた一夜を屋上で過ごしてほしい。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors
Advertising

浅草でペントハウスに泊まる。

WIRED HOTEL ASAKUSAがオープン。ポートランドのクリエイティブチームとのコラボも

元々老舗、外資系の高級ホテルが充実している東京。訪日外国人の急増からチェーンのホテルが増える一方で、近年ではローカルに根をはるホステルが、Nui.を筆頭に増え続けている。宿泊関係のニュースにはいとまがない東京だが、海外の都市に見られるような、個性的でオーナーの意向が反映され、かつローカルに根ざしているようなホテルはまだまだない印象であった。しかし、2017年4月1日(土)にオープンしたWIRED HOTEL ASAKUSAを見学し、その先陣を切っていくホテルであると感じられた。

詳細情報
By Yukako Izumi

コメント

0 comments