東京、ZINEショップ5選

神宮前や目黒、吉祥寺で個人のアートブックを手に取る
作成者: Mari Hiratsuka |
Advertising

 タイムアウト東京 > ショッピング&スタイル > 東京、ZINEショップ5選

ZINE(ジン)は、個人または少人数のグループによって自主的に制作される少部数の出版物のこと。諸説あるが、1950年代にアメリカの詩人たちがオリジナルの詩集を制作したのがはじまりと言われ、1990年代には、西海岸のサーファーやスケートボーダーを中心に流行した。現在では、アート出版に特化した日本初のブックフェア『TOKYO ART BOOK FAIR』の開催などにより、日本でも多くの人が作品づくりをするようになった。この自由なプラットフォームは、アーティストに限らず、個人の日頃の何気ない思いをつづった作品から名刺がわりにまで、表現方法が広がっている。特集では、東京のZINEショップを紹介する。

ショッピング

ユトレヒト

icon-location-pin 原宿

2014年10月、神宮前に移転してリニューアルオープンした。青山にあった店舗よりも広く、居心地がよくなった。新刊、既刊にこだわらず、国内外の広いネットワークをいかして集められた本は、カルチャー好きならずとも見入ってしまうほど真心の込もったものばかり。なかでも、クリエイターの自主出版本、ZINEの品ぞろえは日本一と言っていいほどで、外国のファンも多数訪れるとか。展覧会をすることもあるので、店内のフライヤーは要チェックだ。 併設されるギャラリーNOW IDeAのほか、コーヒーのある風景をつくるユニットL-Packや、洋菓子モームなどがフードを提供するカフェスペースもある。

ショッピング, 書店

マウント ジン

icon-location-pin 目黒

都立大学駅にある、ZINEを専門で扱うショップ。『MOUNT ZINE』では毎年春と秋に出品を受け付けており、それらをセレクトせずすべて販売するのが特徴だ。買い手にとっては有名無名に関わらず150タイトル以上のZINEを手に取れることと、作り手は誰であろうと気軽に販売できることが魅力だ。そもそもZINEは発行する数が少ないこともあるが、半年ごとにすべて入れ替えになるので、気になるものがあったら購入するのがおすすめだ。何かしら作ってみたいが始め方が分からないという人は、ZINE制作のスクールも行っているので参加してみては。

Advertising
アート

ヴァカント

icon-location-pin 原宿

2009年5月、裏原宿にオープンしたイベントスペース。「アートを通じて人々に出会いを提供し、アイデア交換をする場にしたい」との思いから、単なるイベントスペースとしてではなく、アートギャラリーとしての機能もあわせ持つ。運営しているNo Ideaの永井祐介は、「Vacant のミッションはアートを人々の日常生活の一部にすることです」と話す。アート展示のほか、ブックフェアや蚤の市、演劇、ライブなどのイベントが開催される。場所のもつ特別な魅力のせいか、自然とインディースピリット溢れる好企画が多く開催されている。東京のカルチャーシーンを先取りしたい人は、イベントや企画をチェックすると間違いない。

ショッピング, 書店

百年

icon-location-pin 吉祥寺

吉祥寺の東急百貨店近くにある古本屋。古本に加え、新刊書籍やDVD、個人制作のリトルプレスとZINEの販売もしている。刊行に合わせてトークイベントや作品展示も積極的に開催されており、作家と読み手のコミュニケーションの場となっている。入荷状況やイベント情報はウェブサイトやTwitterでチェック可能だ。 

Advertising
ショッピング

NADiff a/p/a/r/t

icon-location-pin 恵比寿

恵比寿にある、国内外の現代美術の本とグッズを中心に販売しているショップ。話題のアーティストのコーナーや、若手作家によるZINEなど、さまざまな「生活に取り入れられる」アートを購入できる。入り口に作品が展示され、フリーペーパーも置かれているため、最新のアート情報が得られるのも嬉しい。地下にはギャラリーが併設されている。

Advertising